ビデオカードの選び方のポイント

 

ビデオカードは動画編集を主とするクリエイター向けには必須のパーツであると言えます。

 

もしも4K動画なら、4096×2160ピクセルという高精密&高画質な画像を処理しなければなりません。

 

必然的に扱う動画ファイルも大容量になるため、CPUだけに頼っていては大きな負担をかけることになるでしょう。

 

ビデオカードにはメーカーにより、冷却機能の高さを高めるためのオリジナルファンを搭載している製品があります。

 

ビデオカードは動画編集のソフトウエアとの相性もあることから、確認しながら自分に合った製品を探してみることをおススメします。