動画編集に必要なメモリの容量は?

 

メモリは「値が大きい=処理速度が速い」という訳ではありませんので、必要とされる容量があれば十分でしょう。

 

ただ、「動画編集を行う上で必要最低限なメモリ容量はどのぐらいか?」という明確な答えを出すのは非常に難しいと言えます。

 

予算に余裕があるなら、先を見越して32~64GBまで搭載するのが個人的には良いと思います。

 

4Kなどの高解像度の映像だったり、本格的に動画編集を行うなら16GBは最低限必要になるでしょう。

 

新規格のDDR5 メモリの普及が本格的に始まり、メモリ性能の差もパソコン性能の差を大きくするのは間違いありません。