動画編集用パソコンに必須のグラフィックボードの失敗しない選び方

この記事は2024年7月に更新しました。また記事にはプロモーションが含まれています。

 

パソコンゲームをしているユーザーなら、グラフィックボードの性能がいかに重要か、骨身に染みているかと思います。

 

では動画編集をする上ではどうなのでしょうか?

 

もちろん動画編集もグラフィック集約型の作業であり、適切なグラフィックボードの選択が不可欠です。

 

OpenAIの技術は動画編集用のソフトウェアにも組み込まれつつあり、今後ますますグラフィックボードの選択は重要な項目になります。

 

 

グラフィックボードの選択が命運を分けているといっても過言ではありません

 

グラフィックボードの選択肢はさらに増えつつあり、パソコンに詳しくない方が適切なものを選ぶことはやや困難になりつつあります。

 

ここでは、動画編集用PCに最適なグラフィックボードを選ぶ際の重要なポイントを解説します。

 

性能・予算・互換性をカバーする賢い選択ができるようぜひ最後まで読んでみてください。

 

>>最新グラフィックボード搭載の動画編集用パソコン オススメの4台をすぐに確認する

 

記事監修者

ビデオグラファー 動画編集者 おーとふぉーかす

2018年からBTOパソコンを使った動画編集の検証を実施し、これまで年間20台以上 累計100台以上のパソコンレビュー記事を執筆しました。PC通販サイトとコラボで動画編集用のパソコンの企画・販売や当サイト限定クーポンの配布を行っています

動画編集初心者の方向けにパソコンの選び方を解説してみました。
ゲームPC選びにも役立つと思うのでぜひご覧ください。

 

グラフィックボードについても詳しく解説しています。

動画編集におけるグラフィックボードの重要性

パソコン中央にあるのがグラフィックボード

 

グラフィックボードは、複雑な映像処理を高速に実行するために特化したハードウェアです。

 

特に高解像度の映像やエフェクトを多用する動画編集作業において、グラボの性能は直接的に作業のスムーズさに関連します。

 

以下に、その重要性を示すポイントを列挙します。

 

✅処理速度の向上
高性能なグラボは、4Kや8Kといった高解像度の映像データをスムーズに編集し、レンダリング時間を大幅に短縮します。

 

✅作業の効率化
グラフィックボードは、エンコードやカラーグレーディングなどの処理を高速化し、動画編集ソフトウェアのパフォーマンスを最大限に引き出します。

 

✅映像品質の向上
高品質なグラフィック出力を可能にし、細部の表現や色再現性を高め、より専門的な映像作品を制作することが可能です。

 

動画編集において、グラフィックボードは単なるパソコンの部品ではなく、効率的で質の高い作業を行うための必須アイテムです。

 

投資することで、時間の節約と映像品質の向上が期待できます。

 

グラフィックボード(ビデオカード)の主なメーカー

2ファン仕様のグラフィックボード RTX 4060

 

グラフィックボードはグラフィックカード、ビデオカード、GPU、グラフィックス、VGAなど呼び方が様々ありますが、ここでは統一してグラフィックボードと呼ぶことにしましょう。

 

グラフィックボードを開発・販売している企業は現在、米国のNVIDIAがシェアが高く有名です。

 

同じく米国企業のAMDが追随して商品を開発しています。

 

この記事を編集している時点では、NVIDIAの開発力のほうが評価されており、シェアもNVIDIAのほうが上です。

 

NVIDIAはGeForceシリーズとして、またAMDではRadeonシリーズをそれぞれ展開しています。

 

日本国内に流通するグラフィックボードは2社の開発するグラフィックボードに、冷却用のファンが備え付けられたものが販売されています。

 

そのためグラフィックボードの種類は多く、メーカーによって価格もピンキリです。

 

用途によってもパフォーマンスが違う上に、動画編集用途で絞っても使用するソフトウェアによって効果も変わります。

 

クリエイティブ全般においてはNVIDIAのほうが選ばれることが多くなっています。

 

 

動画編集者向けの正しいグラフィックボードの選び方

厚みのあるGeForce RTX 4XXXシリーズ

 

実は動画編集において、グラフィックボードの必要性や重要性は使用するソフトウェアで左右されます。

 

パソコンでの映像編集時に実行する映像のデコーディングやエンコーディング、レンダリングなどの処理は従来からCPU(の内蔵GPU)で実行していますが、ソフトウェアによってはグラフィックボードの支援を得て効率化・高速化が図られています。

 

つまり、高性能なグラフィックボードの活用度・必要性は動画編集で使用するソフトウェア次第となっているのです。

 

具体的な例を言うと、Adobe Premiere ProやDaVinci Resolveはグラフィックボードに依存するため、グラフィックボードの必要性が高いです。

 

グラフィックボードに依存するソフトウェアのメリット・デメリット

メリット:高性能なグラフィックボードへの投資の価値が高い

 

デメリット:編集用のパソコンが高くなる

 

一方で、サイバーリンク PowerDirectorやEDIUS Proは前述のソフトほどグラフィックボードに依存しておりません。

 

グラフィックボードに依存しないソフトウェアのメリット・デメリット

メリット:低価格のグラフィックボードでも十分

 

デメリット:CPUの負荷が大きくなるため、CPU選択に妥協ができない

 

ここ数年でEDIUS Proもグラフィックボードの依存度(活用度)が上昇しており、ソフトウェア全般的にグラフィックボードの有効度合いは高くなっています。

 

特にAI関連の機能は高性能なグラフィックボードが必須となるため、AI関連機能の実装がいち早く行われているPremiere ProやDaVinci Resolveのほうが性能の良いグラフィックボードを使う価値があります。

 

中でもDaVinci Resolveのほうがグラフィックボードの依存度が高いため、高スペックのグラフィックボードがあるという条件でCPUを多少妥協できるというメリットがあります。

 

動画編集で人気のグラフィックボードの紹介と性能比較

ここで紹介するのはBTOパソコンショップで動画編集用のパソコンとして販売されているグラフィックボードの中で、人気が高いものを挙げてみました。

 

当サイトでは常日頃からBTOメーカーとのコラボ企画の打ち合わせを重ねておりますので、比較的信ぴょう性が高い情報であることを自負しています。

 

グラフィックボード選択の目安【最新版】
YouTube動画・フルHD編集 GeForce GTX1650 GDDR6版・GTX1660 SUPER
4K GeForce RTX3050~
カラーグレーディング 10bitカラー Quadro RTX 2200・GeForce RTX 3070・RTX 4070

 

上記の表を目安に予算に合うグラフィックボードを選べば大きく外すことはありません。

 

使用する編集ソフトウェアによって検討してください。

 

ソフトウェアのバージョンによってもグラフィックボードの効果は変わるので、なるべく最新のバージョンに更新することをお勧めします。

 

NVIDIAのグラフィックボードの中にはQuadroシリーズのような高性能なものがありますが、動画編集用途で使う場合ゲーム用のグラフィックボード GeForce RTXシリーズとさほど性能差がありませんでしたので、コスパを考慮してGeForce RTXがお勧めとなります。

 

 

GeForce RTX 4070 vs GeForce RTX 3070 vs GeForce RTX 4060 Ti 16GB vs GeForce RTX 4060 vs GeForce RTX 3060 12GB
画像引用元:PassMark

 

現行のグラフィックボードのベンチマークスコアをPassMarkでしらべ、性能比較をしたチャートが上の画像です。

 

DaVinci Resolveでカラーグレーディングを行う場合、ビデオメモリの消費量が大きいのでVRAM容量が大きいグラフィックボードを選ぶのが良いでしょう。

 

グラフィックボードの互換性とドライバ設定の注意点

3ファン仕様のグラフィックボード RTX 4060 Ti

 

グラフィックボードを選ぶ時に注意したいのがサイズです。

 

グラフィックボード単体を購入する場合は主に通販サイトで購入すると思います。

 

グラフィックボードの長さは24mmと30mmで従来のままですが、冷却ファンの大きさが増大傾向です。

 

 

特に厚さが増えており、通販で購入した場合想定以上にサイズが大きくパソコンのケースに収まらないといったことが起こりえます。

 

また、パソコンショップで購入した新品のパソコンでも、グラフィックボードのドライバーが最新でない場合も多く見受けられます。

 

グラフィックボードのドライバーが更新できていない場合、動画編集ソフトでグラフィックボード支援が十分に得られない場合もあるので、購入したら必ずドライバーを更新するようにしましょう。

 

最新のドライバーを公式サイトでダウンロードして再起動を行えば簡単に更新できます。

 

最新グラフィックボード搭載の動画編集用パソコン オススメ4選

 

一般的に動画編集向けのハイエンドグラフィックボードを搭載したパソコンはかなり高額になりますが、BTOパソコンショップなら予算の少ない方でもかなり性能の良いグラフィックボードを搭載した動画編集用パソコンを購入することができます。

 

中でもマウスコンピューター・パソコン工房・ドスパラがオススメです。

 

各BTOパソコンショップの通販サイトでは型落ちのグラフィックボード搭載のパソコンがディスカウント価格で見つかりますよ。

 

マウスコンピューター

 

マウスコンピューターではグラフィックボードにGeforceとQuadroが用意されています。

 

コスパ重視の方はGeforce、CG編集がメインの方はQuadroを搭載したデスクトップパソコン DAIVシリーズを選べば失敗しないでしょう。

 

G-Tune DG-A7G60(ホワイトカラーモデル)

CPU:Core i5-14400F 
グラフィックス:GeForce RTX 4060 8GB 
メモリ:16GB PC4-25600 
ストレージ:M.2 SSD NVMe 1TB 

シークレット価格 ⇒209800円(税込)

>>シークレット価格のページを見る

※当サイトはMouse様より特別に許可を頂いてシークレット価格のページを紹介しています

 

当サイト限定販売でお買い得です

DAIV FX-I7G7S

CPU:インテル Core i7-14700F 
メモリ:32GB PC5-38400 
グラフィックス:GeForce RTX 4070 SUPER(12GB) 
ストレージ:M.2 SSD NVMe Gen4 1TB + HDD 2TB 
水冷CPUクーラー・DVDドライブ標準搭載 
電源:750W 

338800円(税込)

>>公式ページを見る

 

パソコン工房

 

パソコン工房はここで紹介する3社の中でもグラフィックボードの入れ替わる頻度が高くて、セール対象製品も多く見つかります。
購入タイミングは最新型のグラフィックボードが発表されたときがねらい目です。
コスパ重視ならパソコン工房がオススメですよ。

 

LEVEL-R776-147F-RLX

CPU:Core i7-14700F 
グラフィックス:GeForce RTX 4060 8GB GDDR6
メモリ:32GB PC5-38400 
ストレージ:M.2 SSD NVMe 1TB 

214800円(税込)

>>公式ページを見る

 

ドスパラ

 

ドスパラではハイエンドのグラフィックボードとCPUを搭載したゲーミングパソコンを選んでも動画編集で十分利用できます。

 

ドスパラ通販サイトでは動画編集ソフト推奨モデルも揃っており、そのスペックを参考にして自分で構成を変更することもできます。

 

映像会社でもドスパラを支持している方は多いですよ。

 

GALLERIA RM7C-R46T

CPU:Core i7-14700F 
グラフィックス:GeForce RTX 4060 Ti 8GB 
メモリ:16GB PC4-25600 
ストレージ:M.2 SSD NVMe Gen4 500GB 

218980円(税込)
※7月3日時点の価格です。最新の価格は公式ページをご確認下さい

>>公式ページを見る