カラーグレーディング・カラーコレクションをこれから始める初心者向けのサイト

menu

動画で学べるカラーグレーディング

DaVinci Resolveの編集時間を短縮する8つの挿入方法

DaVinci Resolveの編集時間を短縮する8つの挿入方法

前回のエントリー「DaVinci Resolveのタイムライン作成で知っておきたいコト」ではタイムラインの作成について解説しました。

作成したタイムラインにメディアファイルを乗せていきます。

メディアファイルをタイムラインに効率よく乗せる方法が8つあります。
この8つの方法を使い分けることで動画編集のスピードをアップすることができるでしょう。

DaVinci Resolveの動画編集スピードを加速するための8つの方法

このビデオではDaVinci Resolveのメディア挿入方法について解説してくれています。
分かりやすく解説してくれているので是非視聴してみましょう。

イン点 アウト点を入れてタイムラインに挿入する編集方法

まず基本的なやり方でメディアファイルにイン点・アウト点を打ってからタイムラインに乗せる方法があります。

PremiereProやFinalCutProでイン・アウト点を打ちながらタイムラインに乗せている方は馴染みのあるやり方です。やり方は全く同じです。
DaVinci Resolve,挿入,上書き,フィット トゥ フィルメディアファイルをダブルリックし、メディアファイルの開始点でキーボードの「I」を入力するとin点が挿入されます.
DaVinci Resolve,挿入,上書き,フィット トゥ フィル
次にメディアファイルの終了点でキーボードの「O」を入力するとout点が挿入されます。

あとはイン点アウト点を打ったメディアファイルをタイムライン上にドラッグ&ドロップします。

メディアファイルをタイムラインに乗せてカットする編集方法

イン点アウト点を打たず、メディアファイルをタイムラインに挿入してからカットしていく編集方法が好きな方もいます。私もその一人です。

メディアをどんどんタイムラインに乗せていきます。
DaVinci Resolveでは効率の良いやり方がありますので詳しく解説しますね。

挿入

メディアファイルをタイムラインにドラッグ&ドロップで挿入することもできますが、タイムラインビューアーへメディアをドラッグすると様々な挿入方法を選ぶことができます。

DaVinci Resolve,挿入,上書き,フィット トゥ フィル

挿入を選びます。
またはメディアを選択して②のツールバーから上書きを選択することでタイムラインに挿入されます。

DaVinci Resolve,挿入,上書き,フィット トゥ フィル

選択したメディアファイルはタイムラインゲージの位置に挿入されます。

上書き

メディアをタイムラインビューアへドラッグ。

DaVinci Resolve,挿入,上書き,フィット トゥ フィル

上書きを選びます。

DaVinci Resolve,挿入,上書き,フィット トゥ フィルあるいはメディアプールで上書きしたいメディアを選択した状態でツールバーの「上書き」を選択します。

DaVinci Resolve,挿入,上書き,フィット トゥ フィル
上書きはゲージを合わせている個所から右のクリップにメディアファイルを上書きします。
DaVinci Resolve,挿入,上書き,フィット トゥ フィル

置き換え

置き換えは上書きとよく似ているツールなのでどう違うか分からず今のところ使っていません。ごめんなさい。

フィット トゥ フィル

クリップの間に速度を変更してクリップを追加する方法です。

DaVinci Resolve,挿入,上書き,フィット トゥ フィル

クリップとクリップの間に間隔が空いているとします。

タイムラインゲージを左クリップの端に合わせた状態で…
DaVinci Resolve,挿入,上書き,フィット トゥ フィル

メディアクリップをフィット トゥ フィルへドラッグ&ドロップします。

DaVinci Resolve,挿入,上書き,フィット トゥ フィル

すると間隔に合わせてメディアクリップの速度(フレームレート)を変更し挿入します。

今回は間隔よりも短い尺のクリップをフィット トゥ フィルで挿入したのでスローになりました。
反対に間隔よりも長い尺のクリップをフィット トゥ フィルで挿入すると倍速で挿入されます。

この方法はイン点アウト点を打って挿入する方法と併用すると便利な場合があります。
しかし、すべてのクリップの速度を変更できない場合は使うことがない挿入方法でしょう。

最上位トラックに配置

合成やピクチャーインピクチャーをする時に使うメディア挿入方法です。

タイムラインのビデオの上に重ねるようにクリップを配置するときに使います。

DaVinci Resolve,挿入,上書き,フィット トゥ フィル

やり方はメディアファイルを「最上位トラックに配置」にドラッグ&ドロップします。

DaVinci Resolve,挿入,上書き,フィット トゥ フィル

もしくはビデオトラックの上にマウスカーソルを合わせて「トラックを追加」を選択します。

するとビデオトラック1の上にビデオトラック2が追加されます。

DaVinci Resolve,挿入,上書き,フィット トゥ フィル

ビデオトラック2にメディアファイルを追加する方法で実行可能です。
この時にメディアファイルが音声を含んでいる場合、オーディオトラックも追加しないと音声が重なってしまうので注意しましょう。

末尾に追加

そんなに使うことはありませんが、ビデオの最後に黒のカラーマットを追加する場合に使うことがあります。
参考:DaVinci Resolveで黒や白のカラーマットを追加する方法

リップル上書き

タイムライン左に詰めるように挿入する方法です。ほとんど使うことがありません。

DaVinci Resolveの動画編集スピードを加速するための8つの挿入方法 まとめ

こんな感じ!

たくさんのメディアファイルを並べて編集するとき、状況に合わせてDaVinci Resolveには様々な挿入方法があります。

また、タイムラインにたくさんメディアファイルを並べたとき、タイムラインの全体を確認するには拡大・縮小を使います。

参考:DaVinci Resolveのタイムラインを拡大・縮小する効率の良い方法

それでは次は「DaVinci Resolveをキーボードで動画編集する方法①」を解説しますので合わせて読んでください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク


MotionElementsの10%割引チケットをもらう

映像コンサルから学ぶ動画の作り方講座

関連記事

コメントは利用できません。

ブログ管理人プロフィール

ブログ管理人:おーとふぉーかす
関西在住のビデオグラファーです。

このブログではDaVinci Resolveの使い方とカラーグレーディングの基本を解説しています。

私もまだまだ勉強中の身ですが、一緒に映像制作の勉強をしてみましょう。

著者の経歴:「私は35歳で未経験から映像業界に転職しました。

フォローしてくれたら嬉しいデス!


すべての製品が使えるCreative Cloudコンプリートプランが 4,980 円/月 (税別)