カラーグレーディング・カラーコレクションをこれから始める初心者向けのサイト

menu

動画で学べるカラーグレーディング

DaVinci Resolveでピクチャーインピクチャー編集をする方法

DaVinci Resolve,ピクチャーインピクチャー,PinP

前回のエントリー「DaVinci Resolveでトラックを増やして編集するときに注意したいコト」ではタイムラインのビデオトラックを増やす方法を解説しました。

このエントリーではビデオトラック2にクリップを設置してピクチャーインピクチャーの編集方法を解説します。

動画編集でよく使用する編集方法でピクチャーインピクチャーがあります。
ピクチャーインピクチャーとは動画の隅に小窓を用意して別の動画クリップを挿入する方法です。

テレビのレポート番組でよく利用される動画編集方法です。

DaVinci Resolveでピクチャーインピクチャー編集をする方法

この動画はBlackmagic Design Japanの「【DaVinci Resolve】2.10 エディット/PinPと速度変更」です。
動画前半部分でDaVinci Resolveのピクチャーインピクチャー編集について解説してくれていますので、ぜひ視聴してみてください。

DaVinci Resolveでピクチャーインピクチャーを行う

DaVinci Resolveのピクチャーインピクチャーの編集手順はまずタイムラインに複数のトラックを用意します。

DaVinci Resolve,ピクチャーインピクチャー,PinP

ビデオ1にはメインになる映像を配置します。

そしてビデオ2のトラックには小窓で表示したい映像を配置します。

DaVinci Resolve,ピクチャーインピクチャー,PinP

次にタイムラインビューアーの左下にあるボタンをクリックするとトランスフォームがあります。
トランスフォームを選択しましょう。

DaVinci Resolve,ピクチャーインピクチャー,PinP

クリップを囲んでいる枠をマウス操作することで自由にサイズ変更・配置場所の移動が可能です。

DaVinci Resolve,ピクチャーインピクチャー,PinP
(縦横比の変更をしたい場合はクロップを選択します。)

複数のクリップをまったく同じサイズでPinPにする設定方法

ピクチャーインピクチャー表示したいクリップが複数にまたがる場合があります。

その場合先に設定したピクチャーインピクチャーの設定(映像の位置やサイズ)を全く同じものにしたいと思いますよね。

ピクチャーインピクチャーの設定は複数のクリップに同じように設定することも可能です。

やり方はとっても簡単です。

DaVinci Resolve,ピクチャーインピクチャー,PinP

既にトランスフォームの設定をしているクリップを選択して「Ctrl+C」を入力します。

DaVinci Resolve,ピクチャーインピクチャー,PinP

次に同様に設定したいクリップを選択して「Alt+V」(Macの方はOption+V)を入力します。

DaVinci Resolve,ピクチャーインピクチャー,PinP

すると「属性をペースト」というウィンドウが開きます。

その中に「ビデオ属性」がありますのでチェックを入れ、適用を押します。

するとクリップに全く同じ設定がなされます。

DaVinci Resolveでピクチャーインピクチャー編集をする方法まとめ

こんな感じ! とっても簡単ですね。

DaVinci Resolveではピクチャーインピクチャー編集の他にマルチカム編集も対応できます。

参考:DaVinci Resolveでマルチカム編集をする時のコツ

DaVinci Resolveでハイクオリティな動画編集も可能ですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク


MotionElementsの10%割引チケットをもらう

映像コンサルから学ぶ動画の作り方講座

関連記事

コメントは利用できません。

ブログ管理人プロフィール

ブログ管理人:おーとふぉーかす
関西在住のビデオグラファーです。

このブログではDaVinci Resolveの使い方とカラーグレーディングの基本を解説しています。

私もまだまだ勉強中の身ですが、一緒に映像制作の勉強をしてみましょう。

著者の経歴:「私は35歳で未経験から映像業界に転職しました。

フォローしてくれたら嬉しいデス!


すべての製品が使えるCreative Cloudコンプリートプランが 4,980 円/月 (税別)

運営会社情報