Adobe Premiere CCの使い方が動画で学べるサイトです。

menu
動画で学べるPremierePro

Premiere Proの高度なクリップの速度変更と逆再生方法

過去のエントリー「Premiere Pro 再生速度を変更(早回し・スローモーション動画)する手っ取り早い方法」で動画クリップの簡単な速度変更と逆再生の方法について解説しました。

実はPremiere Pro にはタイムリマップと呼ばれるエフェクトでも再生速度を変えることができます。
タイムリマップはクリップ単位だけでなく、クリップ内で自由に速度を変更することができる上、非常に滑らかなスローモーション動画を作ることも可能です。

このエントリーではタイムリマップを利用した速度変更について解説します。

この動画はYouTubeの「Adobe Premiere Pro CS6 自称中級者向け講座 タイムリマップでスローモーション」です。CS6のタイムリマップについての解説ですが、PremiereProCCでも同じように利用できます。

タイムリマップとはなんですか?

タイムリマップとはPremiere Proでクリップの再生速度を変えることができる機能のことです。
早くすることはもちろん、遅くする事や逆再生にすることもできます。

PremiereProCCのタイムリマップの使い方・設定方法

092003

1.再生スピードを変えたいクリップを選択した状態にします。
2.エフェクトコントコントロールパネルからタイムリマップ左の下向き三角マークをクリックします。
3.「速度」左の三角マークをクリックします。

そうすると現在のクリップの再生速度が表示されます。
何も触っていない状態であれば100.00と表示されているはずです。

ではクリップの速度を変更していきますので、キーフレームを設定しましょう。

キーフレームとはなんですか?

キーフレームとはタイムライン上のポイントを記したものです。

092004

4.エフェクトコントコントロールパネルのタイムインジケーターでキーフレームを打ちたい箇所にカーソルを合わせておいて、上の画像を参考にキーフレームを打ちます。

5.終了地点にも同じようにキーフレームを作成します。

6.キーフレーム間のタイムバンドをクリックしたまま、下にドラッグします。

092005

そうすると、速度のパーセンテージが変わったかと思います。
好きな速度に設定すれば完成です。

キーフレームは2つしか設定できませんか?

キーフレームは2つ以上設定することもできます。

滑らかなスローモーション動画を作る方法

再生速度が変わる境目を滑らかにすることができます。

タイムリマップのラバーバンドを設定すれば簡単です。

092006

ラバーバンドはキーフレームを開くと出現し、ラバーバンドを調整すればシーンによって再生速度を変えた映像にすることもできます。

Premiere Proの高度なクリップの速度変更と逆再生方法 まとめ

PremiereProCCではクリップ単位でスローモーションにしたり、早回し・逆再生をするときは「Premiere Pro 再生速度を変更(早回し・スローモーション動画)する手っ取り早い方法」のようにクリップを選択してCtrlキーと「R」で素早く設定し、クリップ内の細やかなモーション動画を設定するときはキーフレームとラバーバンドを使います。

この二つの方法を使い分けることで効率的な動画編集が行えます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク


MotionElementsの10%割引チケットをもらう

映像コンサルから学ぶ動画の作り方講座

関連記事

ブログ管理人プロフィール

ブログ管理人:おーとふぉーかす
映像制作のお仕事やってます。

プロフィール:フリーランスの動画クリエイター、YouTuber・ブロガーとして活動しています。

このブログではPremiereProの使い方やテンプレートの活用方法を解説しております。

著者の映像機材紹介:「仕事で動画制作をする方向けの撮影機材を紹介するよ

フォローしてもらえると嬉しいデス!


基本から学ぶならこの本がオススメです。
Premiere Pro CC スーパーリファレンス

運営会社情報