Adobe Premiere CCの使い方が動画で学べるサイトです。

menu

動画で学べるPremierePro

Premiere Proでピクチャーインピクチャー編集をする

映像の右上や左下などの部分に別の映像を小さめのサイズで入れ込む編集方法があり、Picture in Picture(ピクチャーインピクチャー)と呼びます。
PinP(ピーインピー)と略して呼ぶこともあります。

画面の一部分が小窓のようになっていてそこに別の映像が流れているものです。
それと似たようなものだとイメージされると分かりやすいのではないでしょうか。

Premiere Proではこのピクチャーインピクチャーがとても簡単に設定することができるようになっています。

この動画はYouTubeチャンネルのDENPO-ZIで紹介されているPremiere Pro講座 ピクチャーインピクチャーです。
分かりやすく解説されていますのでぜひ視聴してみてください。

Premiere Proでピクチャーインピクチャー編集をする

1.土台となるクリップ映像をタイムラインモニタのVideo1に配置します。

Premiere Proでピクチャーインピクチャー編集をする

2.小さく写したいクリップ映像をVideo2に配置します。

Premiere Proでピクチャーインピクチャー編集をする

では、Video2の映像サイズを変更していきましょう。

3.Video2に配置したクリップをダブルクリックします。(必須)

4.ソースモニタの右側にある「エフェクトコントロール」タブをクリックします。

Premiere Proでピクチャーインピクチャー編集をする

5.「モーション」をクリックし、「スケール」項目で映像の大きさを調整します。
Premiere Proでピクチャーインピクチャー編集をする
6.「モーション」をクリックし、ブログラムモニタで映像位置を調整します。

7.各クリップの音量を聞き取りやすいように調整しましょう。

PinPには、エフェクトを付ける事も可能です。
エフェクトタブで好みのエフェクトを選択し、エフェクトコントロールタブで調整します。

ピクチャーインピクチャー動画を作る場合の注意点

・PinPを意識して撮影する映像は余白のあるものを選びましょう。

・PinP映像はセーフスクリーン(アクションセーフマージン)内に配置しましょう。

セーフスクリーンの表示方法

ソースパネルの「設定」をクリック
safe

「セーフマージン」にチェックを入れる
Premiere Proでピクチャーインピクチャー編集をする

セーフスクリーンの外に配置してしまうと、ムービーにした時にPinPが見切れてしまう場合があるので注意しましょう。

Premiere Proでピクチャーインピクチャー編集をする

Premiere Proでピクチャーインピクチャー編集をする まとめ

今回紹介したように、四角の枠でピクチャーインピクチャーを行うのはとても簡単です。

しかし、モーションエフェクトを仕様した方法では四角以外の形でピクチャーインピクチャーを行うことが難しいです。

その場合、ビデオエフェクトのガページマットを使用します。(2015年のバージョンアップでクロップに替わりました)

自由な形のピクチャーインピクチャーを行いたい場合は【2016年最新版】PremiereProでピクチャーインピクチャーをおこなう方法をご覧ください。

>>PremierePro 中級コース一覧に戻る<<

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

PremierePro オススメ教本

基本から学ぶならPremiere Pro CC スーパーリファレンスがオススメです。電子書籍版もあるので便利。

PremiereProテンプレートはMotionElementsがオススメ

MotionElementsの10%割引チケットを入手する

スポンサーリンク

関連記事

ブログ管理人プロフィール

ブログ管理人:おーとふぉーかす
映像制作のお仕事やってます。

このブログではPremiereProの使い方やテンプレートの活用方法を解説しております。

著者の映像機材紹介:「仕事で動画制作をする方向けの撮影機材を紹介するよ


また、現在活躍しているプロの映像クリエイターさんを招いて動画制作専門のオンラインスクールを主催しています。


基本から学ぶならこの本がオススメです。
Premiere Pro CC スーパーリファレンス