Adobe Premiere CCの使い方が動画で学べるサイトです。

menu
動画で学べるPremierePro

CATEGORY中級コース

PremierePro2018のマルチカメラ編集はさらに簡単になったぞ!

PremiereProには複数のカメラで撮影した素材をミックスして自由にカメラを切り替えて編集するマルチカメラ編集が非常にカンタンに出来るようになっています。PremierePro2018ではAIが組み込まれ、リップシンクが簡単で正確になっています。詳しく解説していきましょう。

Premiere ProCCでマルチカメラ編集を効率よく行う手順

Premiere ProCCにはマルチカメラ機能が備わっています。同じ被写体をいろいろな角度から撮影した映像を使用し、一つの動画を製作する場合は、Premiere Proのマルチカメラ機能を使用して編集するととても簡単に制作できます。このエントリーではPremiereProCCのマルチカメラ編集を効率よくおこなう手順を解説します。

premiereProで動画編集を高速化する方法「シーケンスのネスト」

PremiereProで動画を編集するときに、映像素材が多く、トラックを多用してタイムラインがゴチャゴチャになってしまう場合があります。動画編集を高速化するにはタイムラインを整理しながら編集を行うべきです。PremiereProには効率よく編集するための機能「シーケンスのネスト」があります。

PremiereProでAfter Effectを連携させるダイナミックリンク機能

Premiere Pro CS6以降のバージョンから AfterEffectやphotoshopで作ったファイルをPremiereに簡単に使用できるようになりました。その機能がダイナミックリンクと呼ばれるものです。ここではPremiereProのダイナミックリンクを活用した編集方法を解説しましょう。

Premiereで文字に動きを加えるにはキーフレームを使うって知ってる?

動画クリップの上に文字アニメーションを加えるにはモーションのキーフレームを設定すれば簡単に出来ます。このエントリーではphotoshopで作成した文字をPremiereProで動きをつける手順を解説します。

Premiere Proでナレーションを挿入するときに注意したいコト

動画編集では音声にBGMとナレーションを入れることがあります。この時にBGMのボリュームが大きすぎると音声が聞き取りにくくなったり、ナレーションの音が大きすぎると耳障りな動画になりますので注意が必要です。このエントリーでは実際にBGMとナレーションを入れて音量の調整をしてみます。

Premiere Proでピクチャーインピクチャー編集をする

映像の右上や左下などの部分に別の映像を小さめのサイズで入れ込む編集方法がありPicture in Picture(ピクチャーインピクチャー)と呼びます。PinP(ピーインピー)と略して呼ぶこともあります。このエントリーではPremiereProでPinPを行うときの編集方法を解説します。

PremiereProCCで複数の素材を同時に読み込む方法

Premiere Proでのムービー作成を効率よく行うにはまず素材の読み込みを効率よく行います。複数の動画素材を同時に読み込む方法はまず読み込み選択画面で…

Premiere Pro トランジションの正しい適用方法とおすすめトランジション

映像と映像が切り替わる時の効果を総称して「トランジション効果」と言います。トランジション効果を入れることで映像の印象が大きく変わります。このエントリーではPremiereProを使用したトランジションの適用方法とオススメのトランジションを紹介します。

Premiere ProCCでかっこいいテロップを動画に挿入する方法

過去のエントリーでPremiereProのタイトラーで動画によく挿入される文字テロップの作成方法を解説しました。このエントリーでは作成したテロップの色を変更したり文字の大きさやフォントを変更する方法について解説いたします。

さらに記事を表示する

ブログ管理人プロフィール

ブログ管理人:おーとふぉーかす
映像制作のお仕事やってます。

プロフィール:フリーランスの動画クリエイター、YouTuber・ブロガーとして活動しています。

このブログではPremiereProの使い方やテンプレートの活用方法を解説しております。

著者の映像機材紹介:「仕事で動画制作をする方向けの撮影機材を紹介するよ

フォローしてもらえると嬉しいデス!


すべての製品が使えるCreative Cloudコンプリートプランが 4,980 円/月 (税別)

運営会社情報