Adobe Premiere CCの使い方が動画で学べるサイトです。

menu
動画で学べるPremierePro

premiere Pro 合成動画(ピクチャインピクチャ)の簡単なやり方

PremiereProCCは2015年のバージョンアップ以降、ビデオエフェクトのガページマットがなくなり、新たにクロップが追加となりました。
クロップによるピクチャインピクチャのやり方はこちらのページで解説いたします。

合成動画の基本エフェクト「ガページマット」

動画の中に合成でもう一人の自分を出演させたり、小窓に他の動画を再生させたりするのはpremiereのガページマット機能を使います。

ガページマットはiMovieやMac系動画編集ソフトでは「Picture in Picture機能」として親しまれています。

やってみたいと思っていろいろ検索し調べて、上の動画ではpremiere Elements11でのやり方が動画で解説されております。

同じような方法でpremiere Pro CCでも実行してみます。

やり方はとても簡単ですが、初めての方はガページマットのエフェクトがどこにあるか迷うかもしれませんのでこの解説を参考にしてみてください。

まずは合成したい動画を重ねます

ga01

シーケンス上に動画を重ねます。

次にガページマットエフェクトを取り出します。

ga02

メニューの「ウィンドウ」から「ワークスペース」⇒「エフェクト」

でエフェクトパネルが表示されます。

ショートカットで表示する場合は「shift+alt+3」

ga03

エフェクトパネルから「ビデオエフェクト」⇒「キーイング」⇒「8点ガページマット」を選択。

16点ガページマット、4点ガページマットどれでも良いです。

最初は簡単な8点からいきましょう。

8点ガページマットをドラッグしてガページマットエフェクトをかけたいクリップの上にドロップします。

ココが分かりにくかった!ガページマットエフェクト

ga04

premiereのエフェクトは全般的にこんな感じで必要なエフェクトをドラッグ&ドロップ。

そしてアイコンをクリック

ココをクリックすればプログラムモニターに点が表示されるのでマウスで形を整えれば出来上がりです。

(トランスフォームアイコンと呼ばれています)

まとめ

①シーケンス上で合成したい動画を重ねる

②エフェクトパネルを表示させてガページマットを選択・シーケンス上のクリップに重ねる

③トランスフォームアイコンをクリックする

4ガページマットの形を整える

以上。次はクロマキー合成にもチャレンジしてみましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク


MotionElementsの10%割引チケットをもらう

映像コンサルから学ぶ動画の作り方講座

関連記事

ブログ管理人プロフィール

ブログ管理人:おーとふぉーかす
映像制作のお仕事やってます。

プロフィール:フリーランスの動画クリエイター、YouTuber・ブロガーとして活動しています。

このブログではPremiereProの使い方やテンプレートの活用方法を解説しております。

著者の映像機材紹介:「仕事で動画制作をする方向けの撮影機材を紹介するよ

フォローしてもらえると嬉しいデス!


すべての製品が使えるCreative Cloudコンプリートプランが 4,980 円/月 (税別)

運営会社情報