Manfrotto Befree ボール雲台キット

No.2
最低高34 cm
全高123cm EV含めて144cm
商品素材アルミ
耐荷重4 Kg

携帯性と剛性に優れたBefreeアルミニウム三脚ボール雲台キット

マンフロット,三脚,人気

実は三脚を選ぶ際に注目したいのが素材です。

やはり安定性と耐久性を求めるのであれば、足の部分の素材がしっかりしたものを選ぶ必要があります。

マンフロットで人気のボール雲台を装備した三脚 Befree MKBFRA4-BHは100%カーボンファイバー製という特徴があります。

この三脚は非常に軽量で、その自重がなんと1.1kgという軽さです。

マンフロット,三脚,人気

そして剛性にも優れているので、プロのフォトグラファーが求める全てを兼ね備えていると言っても過言ではありません。

マンフロット,三脚,人気

折りたためばわずか40cmとなるため、専用のバッグに入れてどこへでも持って行けます。

マンフロット,三脚,人気

元々はアウトドアがメインの写真家のために設計された三脚なので、手に入れたら国内にとどまらず海外へ渡航する時にもぜひ持って行きたい三脚です。

マンフロット,三脚,人気

わずか数秒でセッティングできる使いやすさもあり、どこでもシャッターチャンスを逃さずに撮影できそうです。

Manfrotto コンパクト三脚 Befree アルミ 4段 ボール雲台キット

トラベル三脚でサイズが小さく持ち運びに便利

同等の製品でかなり安い

安定感があります。耐荷重量4kg


マンフロットの三脚ランキング


ドキュメンタリー動画の作り方が分かる

おすすめ記事


ブログ管理人プロフィール

運営者:おーとふぉーかす
Works:ビデオグラファー
関西でフリーランスの動画クリエイターをやりながらYouTuber・ブロガーとして活動しています。
🔗プロフィール
このブログは一眼カメラ向けの三脚を紹介するサイトです。

著者が使っている三脚はこちら
🎥マンフロット三脚 MT190CXPRO4を購入!レビューするよ。

フォローしていただけると嬉しいです!

人気のある記事

  1. 三脚,一眼レフ
    フルサイズ一眼カメラ用三脚を購入するときに知っておきたいコト
  2. 三脚,カーボン
    プロ用の三脚がどうして価格が高いのか調べてみた
  3. マクロ撮影,三脚,
    マクロ撮影で三脚を使うときのコツ
  4. 写真,構図
    一眼カメラの三脚撮影で構図を素早く決めるコツ
  5. 三脚,使い方,一眼レフ
    一眼レフカメラで三脚を使うときに注意したいコト
  6. 三脚,選び方,一眼レフ
    一眼用の三脚を店頭で選ぶときに注意したいポイント
  7. 三脚,選び方,望遠レンズ
    三脚で超望遠レンズを使って撮影するときのコツ