X-T2,三脚

富士フィルム X-T2にオススメ!三脚人気ランキングベスト5

X-T2,三脚

X-T2は富士フィルムのミラーレス一眼カメラで人気があったX-T1の後継機です。

4K動画機録が可能になっていますが手ブレ補正機能がないため三脚が必要になるでしょう。

ここではX-T2に合わせて使うのに最適な三脚を人気順に5種類紹介します。

この動画ではボクが何本も三脚を買ってきたうえで分かった三脚の失敗しない選び方を解説しています。
ぜひ合わせて視聴してください。

富士フィルム X-T2にオススメ!三脚人気ランキングベスト5

SLIK 三脚 マスター 3

X-T2,三脚

SLIK 三脚 マスター 3は、スリック社が発売している人気の三脚です。

スリック社は1950年代から報道用に三脚を開発し続け、その長年のノウハウを積み重ね一般の方でも利用できる三脚を開発いたしました。

それがSLIK 三脚 マスター 3です。

X-T2,三脚

使いやすいSLIK マスター3のフリーターン雲台

特に野鳥の撮影やスポーツ撮影などの一瞬のチャンスを掴む撮影時に高く支持されております。

富士フィルム X-T2のように、高速AF性能のあるカメラと一緒に使えば自分が撮りたい一瞬を確実に撮影することができます。

長年の技術とノウハウがある両メーカーだからこそ実現できる三脚なのです。

SLIK 三脚 マスター 3

プロの写真家に人気の高いSLIKのマスターシリーズ

フリーターン雲台で自由に角度を調整できる

大口径レンズを装着しても安定しています

Befreeアルミニウム三脚ボール雲台キット MKBFRA4-BH

X-T2,三脚

Manfrotto コンパクト三脚 Befree アルミ製で自重1.4kg

人生で一度きりしか行かないであろう場所で一度しかない瞬間を撮影したい。

そんな時には高性能なカメラと三脚が必要です。

Befreeアルミニウム三脚ボール雲台キット MKBFRA4-BHは、マンフロット社が初めて出した旅行用の三脚です。

X-T2,三脚

微調整できるManfrotto コンパクト三脚 Befreeのボール雲台

耐久性に優れ、直感的に操作できるボール雲台によってミリ単位でカメラを動かすことができます。

富士フィルム X-T2のように AF機能、そして電子ビューファインダー性能が優れたカメラと合わせて利用すれば、より高い精度の写真を撮る事ができます。

決定的な瞬間を逃さないために、機材選びは非常に重要です。

Befreeアルミニウム三脚ボール雲台キット MKBFRA4-BH

軽量コンパクトなトラベル三脚

ボール雲台で使いやすい

デザインがカッコイイ

Manfrotto ギア雲台 ギア付きジュニア雲台 アルミニウム製 410

X-T2,三脚

カメラにこだわる人は三脚とは別に雲台を購入するケースも多いようです。

富士フィルム X-T2は、解像度が高くプロのカメラマンでもうなる逸品ですが、Manfrotto ギア雲台 ギア付きジュニア雲台 アルミニウム製 410もまた、そんなこだわりが強い人のために作られた雲台です。

ギアによって3方向に動作が可能であり、各軸の動きがミリ単位で制御されています。

最高の精度が求められる撮影シーンにおいてその実力を発揮します。

Manfrotto のギア雲台はマンフロットの三脚に対応しますので、三脚だけでなく雲台にもこだわりの強い人には最適な雲台となります。

Manfrotto ギア雲台 ギア付きジュニア雲台 アルミニウム製 410

雲台をこだわるならギア式雲台がオススメ

ミリ単位の動きができる

マンフロットの三脚に対応しています

Sherpa 635II

X-T2,三脚

カメラマンの腕の見せ所は素早く動き被写体をどれだけぶれずに、しっかりと撮ることができるかという点でしょう。

例えば富士フィルムX-T2は、レンズの手ぶれ補正機能も充実しておりますがそれだけでは不安です。

でもSherpa 635IIがあれば撮影が非常に安定します。

X-T2,三脚

安定感のあるSherpa 635IIの3ウェイ雲台

クイックレバーロックによって簡単にハイアングルでもローアングルでも撮影ができ、空に飛ぶ鳥もぶれることなく写すことができるのです。

他の人との違いを出すために、優秀な三脚選びが大切です。

Sherpa 635II

プロ仕様の三脚なのに低価格

クイックシューを搭載した3ウェイ雲台

専用キャリーケース付き

GX 6400

X-T2,三脚

三脚は一見だれでも簡単に使えそうに見えますが実は奥が深い機材です。

雲台やエレベーターなど微調整が必要なので、慣れていない人は操作が難しいものでもあります。

でもGX 6400は実用性と操作性に優れたアルミの三脚です。

X-T2,三脚

持ち運びやすい軽量なSLIK GX6400

クイックシューは蝶ネジ式なので、例えば富士フィルム X-T2のようなミラーレス一眼レフカメラでもコイン不要で簡単に取り付けできます。

ギア式エレベーターによって高さ調節も思いのままです。

ファミリー向けの三脚なので、誰でも使いやすく、入門編としてお薦めです。

GX 6400

初心者に大人気のSLIK三脚

低価格なのに使い勝手が良い

ギア式エレベーターで高さ調節もできる

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ドキュメンタリー動画の作り方が分かる


関連記事


マンフロットの三脚ランキング


おすすめ記事


ブログ管理人プロフィール

運営者:おーとふぉーかす
Works:ビデオグラファー
関西でフリーランスの動画クリエイターをやりながらYouTuber・ブロガーとして活動しています。
🔗プロフィール
このブログは一眼カメラ向けの三脚を紹介するサイトです。

著者が使っている三脚はこちら
🎥マンフロット三脚 MT190CXPRO4を購入!レビューするよ。

フォローしていただけると嬉しいです!

人気のある記事

  1. 三脚,一眼レフ
    フルサイズ一眼カメラ用三脚を購入するときに知っておきたいコト
  2. 三脚,カーボン
    プロ用の三脚がどうして価格が高いのか調べてみた
  3. マクロ撮影,三脚,
    マクロ撮影で三脚を使うときのコツ
  4. 写真,構図
    一眼カメラの三脚撮影で構図を素早く決めるコツ
  5. 三脚,使い方,一眼レフ
    一眼レフカメラで三脚を使うときに注意したいコト
  6. 三脚,選び方,一眼レフ
    一眼用の三脚を店頭で選ぶときに注意したいポイント
  7. 三脚,選び方,望遠レンズ
    三脚で超望遠レンズを使って撮影するときのコツ