ニコンD500に使える!三脚人気ランキングベスト5

NikonD500,ニコンD500,D500,三脚,人気

Nikon D500はDXフォーマットの最強モデルとして2016年に発売されたニコンの一眼レフカメラです。

D500は4Kムービーも撮れるカメラでフルHDなら60Pで撮影も可能です。

ムービー専用機としても十分使えるD500に合わせて購入する三脚はどれが良いでしょうか?

ここではNikon D500ユーザーで使いたい三脚を5品、人気のある順に紹介します。

この動画ではボクが何本も三脚を買ってきたうえで分かった三脚の失敗しない選び方を解説しています。
ぜひ合わせて視聴してください。

ニコンD500に使える!三脚人気ランキングベスト5

190プロアルミニウム三脚 MK190XPRO4-3W

NikonD500,ニコンD500,D500,三脚,人気

風景や植物などの自然を撮影するのであれば、カメラは手持ちで撮影すると思います。

ただ、動くものを撮影する時はやはり三脚に固定して安定した撮影をしたいところです。

190プロアルミ三脚 MK190XPRO4-3Wは、三脚と3wayの雲台がセットになったお得な三脚です。

指一つで水平ポジションに動かせるなど、利便性も高いのが特徴です。
これで本格的な撮影が誰でも楽しめます。

Velbon ビデオ用三脚 レバー式 EX-547

NikonD500,ニコンD500,D500,三脚,人気

動画撮影をする時に気をつけなければならないのが、いかにブレをなくし安定した映像を撮り続けるかです。

それには手持ちでの撮影ではなく、三脚を使った撮影が必要となります。
EX-547 VIDEO NはEXパイプという軽くて伸縮性に優れている素材を使っております。

NikonD500,ニコンD500,D500,三脚,人気

ビデオ用の雲台が装備され、滑らかなパン・ティルト操作が可能です。

NikonD500,ニコンD500,D500,三脚,人気

エレベーターも装備しており脚の長さを調整することなく高さを微調整できるのもポイントです。

動画撮影に適した三脚なので、ニコンD500を設置して安定した動画を撮ることができるようになるでしょう。

befree live ビデオ三脚キット

NikonD500,ニコンD500,D500,三脚,人気

ニコンD500のように高性能な機能を備えているカメラはサイズや重量がどうしても大きくなってしまいます。

ただ、それをカバーしてくれるのがbefree live ビデオ三脚キットです。

この三脚は最大耐荷重4kgでNikon D500でも十分に対応可能です。

またこのクラスの三脚の中では、非常に軽量・コンパクトなので持ち運びも楽々です。

NikonD500,ニコンD500,D500,三脚,人気

また畳めば40cmになるため携帯するにも便利です。

NikonD500,ニコンD500,D500,三脚,人気

カッコいいキャリーバッグが付属するMVKBFR-LIVE

専用のキャリングバッグが付属しているところも魅力ですよね。

カメラが大きい分三脚はコンパクトなものを選び、持ち運びを容易にする必要があります。

MVKBFR-LIVEであればD500とバランスも良く長く愛用できるでしょう。

SLIK 三脚 マスター 3

NikonD500,ニコンD500,D500,三脚,人気

近年のデジタル一眼レフカメラは、どんどん軽量化しておりますが、撮影時に本体の軽さが実は不安要素でもあります。

だから、逆にニコンD500のような重量感のあるカメラを求める人も多く、使用時は三脚で安定感を高める必要があります。

SLIK 三脚 マスター3は、軽量でありながら耐久性が高くブレずに撮影できます。

特に接地面が石突ゴム形状でできているため、安定して三脚を立てられます。

NikonD500,ニコンD500,D500,三脚,人気

なめらかな操作が可能なSLIK 三脚 マスター3の雲台

角度を自由に変えられるフリーターン雲台を搭載しているので、山岳地帯や地面が不安定な場所でも精度の高い写真を撮影できるようになっています。

スタンドポッド5

NikonD500,ニコンD500,D500,三脚,人気

ニコンD500のような本体が重いカメラを固定するには三脚が向いていますが、狭いところでは脚を広げるのが難しい場合があります。

 

子供の運動会や発表会の撮影では一脚のほうが便利ですが、一脚は安定しません。

そんなときに一脚のような使い方ができるSLIKのスタンドポッド5が便利です。

NikonD500,ニコンD500,D500,三脚,人気

スタンドポッド5は、三脚にしては珍しく5段階で伸縮するパイプとなっております。

これによって、さまざまな高さでの撮影が可能になります。

NikonD500,ニコンD500,D500,三脚,人気

さらに脚を外すことでコンパクトに収納することができる上、卓上三脚としても利用することができます。

高さ調整が容易なだけではなく、撮影のために遠出をしても持ち運びの面でそこまで負担にならないのも嬉しいところです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ドキュメンタリー動画の作り方が分かる


関連記事


マンフロットの三脚ランキング


おすすめ記事


ブログ管理人プロフィール

運営者:おーとふぉーかす
Works:ビデオグラファー
関西でフリーランスの動画クリエイターをやりながらYouTuber・ブロガーとして活動しています。
🔗プロフィール
このブログは一眼カメラ向けの三脚を紹介するサイトです。

著者が使っている三脚はこちら
🎥マンフロット三脚 MT190CXPRO4を購入!レビューするよ。

フォローしていただけると嬉しいです!

人気のある記事

  1. 三脚,一眼レフ
    フルサイズ一眼カメラ用三脚を購入するときに知っておきたいコト
  2. 三脚,カーボン
    プロ用の三脚がどうして価格が高いのか調べてみた
  3. マクロ撮影,三脚,
    マクロ撮影で三脚を使うときのコツ
  4. 写真,構図
    一眼カメラの三脚撮影で構図を素早く決めるコツ
  5. 三脚,使い方,一眼レフ
    一眼レフカメラで三脚を使うときに注意したいコト
  6. 三脚,選び方,一眼レフ
    一眼用の三脚を店頭で選ぶときに注意したいポイント
  7. 三脚,選び方,望遠レンズ
    三脚で超望遠レンズを使って撮影するときのコツ