この記事は2018/11/1に更新しました。

α7SⅡの安っぽいストラップにがっかり

ショルダーストラップ

ソニーα7SⅡには純正のショルダーストラップが付属している。

 

α7SⅡは40万近くももする高級機なだけに高級感があるストラップが同梱されていると思いきや、ソニーα7s同様、とてもチープなつくりなのが残念である。

 

撮影重視の人なら外見にこだわる必要はないかもしれないが、せっかく高級機を手に入れたのだから、ストラップも高級感のあるものを取り付けたいと思うのは当然だ。

 

選ぶ際に注意したいポイントの一つは耐久性である。

 

純正以外の商品を購入する場合には材質だけでなく耐久力もチェックしておこう。

 

商品レビューを参考にしながら、タフな使い方をしても大丈夫なタイプを選択するとよいだろう。

 

カメラショップに出向いて実物を見ながら選んでみるのもよい方法だ。

 

可能なら手触りも確認しておきたいところである。

 

ストラップはショルダータイプとハンドタイプに分かれるが、ソニーα7sⅡはショルダータイプがおすすめである。

b-grip UNO

 

重量があるため、ハンドタイプは慣れていないと落下させてしまう危険があるからだ。

 

最近ではベルト取り付け用フックも登場している。その一つがCP Techのカメラホルスターである。

 

耐加重性に優れ、ベルトやナップザックにぶら下げて使うことが可能だ。

 

これなら見た目もかっこいいし、コンパクトにカメラをぶら下げておくことができる。

 

 

動画はカメラホルスターを使って撮影に臨んでいる様子だ。
実に撮影しやすそうなのが分かるのではないだろうか?

 

b-grip UNO 小型軽量カメラホルスター

 

トップへ戻る