sony α7R

ソニーα7Rとは世界最小・最軽量かつ画素数も高く高画質な写真が取れるフルサイズミラーレス一眼カメラだ。

ソニーストアで購入ができ、価格は20万円程である。
α7Rは後継機種のα7R Mark2が発売されてからやや価格が下がった感じだ。

世界最小、最軽量、高画質の特徴の他にワイヤレス通信機能やピクチャーエフェクトがついており、自由に写真を楽しみながら撮ったその場で、写真をすぐに共有したり保存ができる。

その他にもカメラを一振りするだけでパノラマ写真が取れる機能やキレイな夜景が撮れる機能、ブレ軽減など多くの機能が備わっている。
更に、カメラから直接SNSにアップロードすることが出来、撮影後すぐに家族や友人に見せることが出来る。

このブログではソニーα7Rのレビューや口コミ、専用アイテムの最新情報を更新する予定だ。
ソニーα7Rの購入を検討されている方はぜひ一読して参考にしてほしい。

続きを読む

主な記事

  • ソニーα7R格安バッテリーグリップ購入のメリット・デメリット
  • 【ココに注意】α7Rでマウントアダプターを購入するときのポイント
  • 急速充電が可能なソニーα7Rのバッテリーチャージャー
  • SIGMAからSONY α7用 EFマウントアダプターが発売開始!
  • ソニーα7Rを購入するまえに知っておきたい8つのコト
  • ソニーα7Rをオートモードで撮影するときに知っておきたい3つのオート設定
  • ソニーα7R純正フラッシュHVL-F32MとF43Mの評判
  • 【ソニーα7R】ポジションとアングルを使い分けよう
  • 【ソニーα7R撮影の基本】α7Rのフォーカスモード徹底解剖
  • 【ソニーα7R撮影の応用】α7Rで苦手なマニュアルフォーカスを克服する方法
  • 【α7R交換レンズの知恵袋】レンズの名称からスペックを読み取る方法
  • EマウントのAPS-Cレンズをα7Rで使うとケラれるのか?
  • ソニーα7Rと単焦点レンズがセットで売れている3つの理由
  • ソニーα7Rの液晶フィルム購入時は3つのポイント要確認するべし
  • 【コスパ重視】ソニーα7Rの解像度を生かす最強レンズ3選
  • ソニーα7Rの純正外部マイク徹底レビュー
  • ソニーα7Rのボディーケース GARIZを装着してみた
  • ソニーα7Rのリムズデザインボディーケースがかっこイイ!
  • ソニーα7R対応のストラップ購入で注意したいコト
  • 映像でブランディングするプロの全手法を公開

    スポンサーリンク

    関連商品

    1. FUJIFILM X-Pro2

      X-Pro2は前モデルX-Pro1の発売から4年経ち、進化モデルとして発表された。APS-Cセンサーでフルサイズ並みの解像度を感じさせるシャープな写りで一眼カメラユーザーのなかで非常に評価が高い。元々レンズの老舗である富士フィルムが作る交換レンズは業界では「フジノン」の愛称で絶大な信頼を得ている。

    2. OLYMPUS PEN EPL6

      オリンパスPENは、日本を代表するカメラメーカーであるオリンパス社が製造・販売するカメラシリーズである。オリンパスPENは、1959年にハーフサイズカメラとして登場した。ハーフサイズカメラは、35ミリフィルムの1枚のフィルムを半分使用して撮影を行うカメラである。

    3. Panasonic LUMIX DMC-G7

      4K対応のイメージセンサーを搭載し、色鮮やかな画質が魅力である。このカメラの大きな特長は連写モードにある。LUMIXのDMC-G7は、連写モードでも撮影速度が落ちないだけにとどまらない。なんと1秒で30枚の連写が可能なので、一瞬のシャッターチャンスを逃さないのである。

    4. FUJIFILM X-A3

      クラシカルで女性やライトユーザー向けのデザインでありながらも、有効画素数2420万画素のAPS-Cセンサーを搭載し、X-T2やX-T20といった中・上級クラスと同じレンズを装着できる。X-Aシリーズは人気があるシリーズだったが、X-A3になってどのように機能向上したのだろうか?

    5. Panasonic LUMIX DC-GF9

      LUMIX GF9はGF7の後継モデルとなる。GF9の目玉機能はローパスフィルターレス機能だ。 これまでローパスフィルターレス仕様はミラーレス一眼一部の最高級モデルに搭載されてきたのだが、今回初心者向け価格帯のGFシリーズに搭載してきたのは非常に嬉しい。

    6. Canon EOS M6

      EOS M5の発売以降、ミラーレス一眼カメラに本格的に力を入れてきたCanonだが、中でもEOS M6はデザインと性能の高さで注目されている。EOS M6は一眼レフカメラのセカンド機としてキヤノンユーザーにはもちろん、これから一眼カメラに挑戦する初心者の方にも人気が高まりそうだ。

    ブログ管理人プロフィール

    HN:おーとふぉーかす
    自己紹介:私は35歳で未経験から映像業界に転職しました。
    Works:ビデオグラファー・映像制作・メディア運営
    YouTube歴:7年 持ってるアカウントは4つ。そのうち一つが登録者数1万ちょっと。

    このブログは動画クリエイターを支援するためのサイトです。カメラや映像機材の紹介を中心に記事を書かせてもらってます。

    カメラ本体・カメラ関連アイテムのレビュー依頼も受付いたします。こちらからお問い合わせください。



    また、プロの映像クリエイターから映像制作を学べるオンラインスクールを開催していますのでぜひご参加ください。

    最近の記事

    ページ上部へ戻る