Sony α6500

α6500は12月にソニーから発売したミラーレス一眼カメラだ。
前モデルのα6300にはなかった光学式の5軸手ブレ補正をボディ内に搭載し、さらに解像度とオートフォーカス性能を向上している。

α6300では4K動画撮影が可能だったが、4K動画撮影はピントや手ブレがシビアで扱いにくかった。
今回のα6500の性能向上で一眼初心者でも4K動画を簡単に撮影できるようになったといっても過言ではない。

このブログではα6500のユーザーによるレビューや撮影を補助するアイテムを紹介する。
これからα6500をこれから購入しようと考ている方やすでに購入した方にぜひ読んでいただきたい。

続きを読む

映像でブランディングするプロの全手法を公開

スポンサーリンク

関連商品

  1. Sony α9

    α7SⅡ・α7RⅡでも十分な性能があったのだが、α9はそれぞれのカメラの特性をもち合わせたいわゆる「ソニーぜんぶ載せ」カメラだ。性能も最高峰ながら、お値段も最高峰のα9。このブログではユーザーのレビューから得たα9の性能・特性また、メリット・デメリットを解説する。

  2. FUJIFILM X-T2

    FUJIFILM X-T1の後継機 X-T2が2016年9月に発売された。X-T2は4Kムービー撮影が可能となり、ダイヤルなどの操作性も改善されている。解像度が抜群の富士フィルムのミラーレス機にムービー性能が格段に強化されたモデルとなったが、それでもユーザーとして改善してほしい点がいくつかある。

  3. Panasonic LUMIX DMC-GX7MK2

    パナソニック LUMIX GX7MK2は4Kフォト・4Kムービーが撮影できるパナソニックのミラ-レス一眼カメラだ。イクロフォーサーズ規格のGX7MK2は交換レンズも比較的安価なため、発売当初から一眼カメラユーザーから注目され、今のところ評判が良い。

  4. sony α7R

    α7Rは後継機種のα7R Mark2が発売されてからやや価格が下がった感じだ。世界最小、最軽量、高画質の特徴の他にワイヤレス通信機能やピクチャーエフェクトがついており、自由に写真を楽しみながら撮ったその場で、写真をすぐに共有したり保存ができる。

  5. FUJIFILM X-T10

    ミラーレス一眼ならSONYもここのところ勢いがある。しかし、FUJIFILMを見落としてはいけない。FUJIFILMで生産されているフジノンレンズはプロの映像業界では権威的な地位があるほどその性能の良さが評価されている。

  6. Canon EOS M3

    Canon EOS M3はキヤノンが開発したミラーレス一眼カメラだ。CanonはEOS5DやEOS7Dシリーズなど数々の人気カメラをリリースしているが、どれも一眼レフカメラであり、ミラーレス一眼カメラはまだまだ充実しているとは言い難い。

ブログ管理人プロフィール

HN:おーとふぉーかす
自己紹介:私は35歳で未経験から映像業界に転職しました。
Works:ビデオグラファー・映像制作・メディア運営
YouTube歴:7年 持ってるアカウントは4つ。そのうち一つが登録者数1.5万ちょっと。

このブログは動画クリエイターを支援するためのサイトです。カメラや映像機材の紹介を中心に記事を書いています。

動画制作に興味がある方はぜひ読んでみてください!


また、プロの映像クリエイターから映像制作を学べるオンラインスクールを開催していますのでぜひご参加ください。

最近の記事

ページ上部へ戻る