SONY α6000

α6000は2014年3月に発売開始したソニーミラーレス一眼のエントリーモデルだ。

しかし初心者向けとは言うものの性能は極めて高い。
特にオートフォーカスの合焦速度は他のレンズ交換式カメラの中で群を抜いており、動画でもその威力を発揮する。

αシリーズは現在α6500までモデルチェンジしたが未だにα6000の人気は衰えていない。
このブログではα6000の長所と短所、そして撮影時に合わせて使うと便利なアイテムや撮影方法を解説している。

α6000の購入を検討している方はぜひ参考に読んで見て欲しい。

続きを読む

映像でブランディングするプロの全手法を公開

スポンサーリンク

関連商品

  1. Panasonic DC-GH5

    LUMIX GH5はパナソニックのミラーレス一眼カメラのフラッグシップ機LUMIX GH4の後継機だ。ユーチューバーに人気のあったカメラの後継モデルということで予約発売の時点で生産が間に合わず、しばらくの間入手困難になったほどである。

  2. Panasonic LUMIX DMC-GX7MK2

    パナソニック LUMIX GX7MK2は4Kフォト・4Kムービーが撮影できるパナソニックのミラ-レス一眼カメラだ。イクロフォーサーズ規格のGX7MK2は交換レンズも比較的安価なため、発売当初から一眼カメラユーザーから注目され、今のところ評判が良い。

  3. Sony α6500

    前モデルのα6300にはなかった光学式の5軸手ブレ補正をボディ内に搭載し、さらに解像度とオートフォーカス性能を向上している。α6300では4K動画撮影が可能だったが、4K動画撮影はピントや手ブレがシビアで扱いにくかった。今回のα6500の性能向上で一眼初心者でも4K動画を簡単に撮影できるようになったといっても過言ではない。

  4. OLYMPUS PEN EPL6

    オリンパスPENは、日本を代表するカメラメーカーであるオリンパス社が製造・販売するカメラシリーズである。オリンパスPENは、1959年にハーフサイズカメラとして登場した。ハーフサイズカメラは、35ミリフィルムの1枚のフィルムを半分使用して撮影を行うカメラである。

  5. Panasonic LUMIX DMC-G8

    LUMIX DMC-G8はパナソニックのミラーレス一眼カメラでミドルクラスシリーズだ。人気があった前モデルのDMC-G7から機能は大幅に向上したのだが、中でも最も特筆すべき点は動画性能の向上だろう。特にDual I.S.(ボディ内手ブレ補正)が搭載されたおかげでG8は手ブレの心配がほとんどない。

  6. SONY α6300

    ソニーα6300は4K動画を撮影できる小型ミラーレス一眼カメラとして映像制作に携わる方たちからも注目を集めている。α6000の後継機として、どのように進化しているのか?α6000の欠点などを克服しているのか?このブログでは詳しく解説したい。

ブログ管理人プロフィール

HN:おーとふぉーかす
自己紹介:私は35歳で未経験から映像業界に転職しました。
Works:ビデオグラファー・映像制作・メディア運営
YouTube歴:7年 持ってるアカウントは4つ。そのうち一つが登録者数1.5万ちょっと。

このブログは動画クリエイターを支援するためのサイトです。カメラや映像機材の紹介を中心に記事を書いています。

動画制作に興味がある方はぜひ読んでみてください!


また、プロの映像クリエイターから映像制作を学べるオンラインスクールを開催していますのでぜひご参加ください。

最近の記事

ページ上部へ戻る