Sony α9

α9は2017年5月に発売されたソニーミラーレス一眼のフラッグシップ機だ。

世界初のメモリー内蔵積層型CMOSイメージセンサーを搭載しており、読み出し速度が既存マシンのおよそ20倍となった。

高速読み出し機能はイメージセンサーに絶え間なく光が届き続けるため、連写性能と感度耐性を倍以上に高めることができるようになっている。

α7SⅡ・α7RⅡでも十分な性能があったのだが、α9はそれぞれのカメラの特性をもち合わせたいわゆる「ソニーぜんぶ載せ」カメラである。

性能も最高峰ながら、お値段も最高峰のα9だ。
購入するにはかなりの勇気と覚悟が要る。

このブログではユーザーのレビューから得たα9の性能・特性また、メリット・デメリットを解説する。
α9の購入を検討している方はぜひ読んでほしい。

続きを読む

映像でブランディングするプロの全手法を公開

スポンサーリンク

関連商品

  1. Panasonic LUMIX GH4

    近年では、多くのメーカーから様々な種類のデジタルカメラが販売されているが、中にはカメラ選びに苦戦されている方もいるのではないだろうか。そんな方にお勧めしたいのが、パナソニックから販売されているDMC-GH4というミラーレスの一眼レフカメラである。

  2. SONY α6300

    ソニーα6300は4K動画を撮影できる小型ミラーレス一眼カメラとして映像制作に携わる方たちからも注目を集めている。α6000の後継機として、どのように進化しているのか?α6000の欠点などを克服しているのか?このブログでは詳しく解説したい。

  3. SONY α7Ⅲ

    α7ⅢからSDカードがダブルスロットになり、仕事でも使いやすい仕様になったので買って使っています。実際に使ってみると購入前には分からなかった欠点にも気が付きました。

  4. OLYMPUS OM-D E-M5 mark2

    オリンパスOM-D E-M5 mark2は現在、ユーチューバーに非常に人気の機種だ。多くのユーチューバーが絶賛し、NEX5R並みの支持を得てきていると言える。オリンパスOM-D E-M5 mark2は価格面においてNEX-5Rほど低価格ではない。

  5. Panasonic LUMIX DC-GF9

    LUMIX GF9はGF7の後継モデルとなる。GF9の目玉機能はローパスフィルターレス機能だ。 これまでローパスフィルターレス仕様はミラーレス一眼一部の最高級モデルに搭載されてきたのだが、今回初心者向け価格帯のGFシリーズに搭載してきたのは非常に嬉しい。

  6. SIGMA sd Quattro

    APS-Cセンサーを搭載し、有効画素数は2950万画素となっている。シグマ独自開発のFoveonセンサーはAPS-Cサイズで中判クラスの解像度を得られ、sd Quattro上位機種のsd Quattro Hは5100万画素相当の画質で撮影できる。マニアックな機種だが、ネット上の評判はすこぶる良い。

ブログ管理人プロフィール

HN:おーとふぉーかす
自己紹介:私は35歳で未経験から映像業界に転職しました。
Works:ビデオグラファー・映像制作・メディア運営
YouTube歴:7年 持ってるアカウントは4つ。そのうち一つが登録者数1.5万ちょっと。

このブログは動画クリエイターを支援するためのサイトです。カメラや映像機材の紹介を中心に記事を書いています。

動画制作に興味がある方はぜひ読んでみてください!


また、プロの映像クリエイターから映像制作を学べるオンラインスクールを開催していますのでぜひご参加ください。

最近の記事

ページ上部へ戻る