SONYα99II

ソニーα99II はAマウントの最上位モデルα99の後継モデルとして2016年11月に一新した。

解像度は4360万画素となり399点の測距点になる像面位相差オートフォーカスを備えている。
また、最近のソニーミラーレス機α7シリーズに搭載している5軸手ブレ補正も搭載し、Aマウント最強の一眼レフカメラとなった。

このブログではα99 II で上手に撮影する方法や便利なアイテムを解説する。
α99 II の購入を検討している方はぜひ読んでいただきたい。

続きを読む

プロモーション動画のテンプレートを公開します

No.1 マーケッター 神田昌野典先生が絶賛した驚きの動画メソッド

最高峰のドキュメンタリー動画の作り方を丸ごと1本の教材におさめました。
素人でもプロ顔負けのCM・ドキュメンタリー動画を作る「型」を教えます。

詳しく見る

関連商品

  1. Canon EOS80D

    このブログ「Canon EOS80Dの評価と口コミ」は2016年3月に発売されたCanon EOS80Dのネットでの評価や口コミをもとにCanon EOS80Dの最新情報やお役立ち情報をまとめてみた。Canon EOS80Dの購入を検討しているならぜひ読んで見て欲しい。

  2. Nikon D810

    ニコン史上最高画質を誇り、フルHDでノイズが少ない動画撮影も可能だ。D810はニコン最高機種にもかかわらずEOS5Dシリーズよりも安価で多くのファンを獲得している。万能で最強の一眼カメラだが、その機能には欠点がないわけではない。

  3. Nikon D5500

    NikonD5500は、ニコンの一眼カメラエントリー機とされているが、その性能の良さはネットでも非常に評判が良い。特にユーザーに支持されているのは軽量で扱いやすいことと、タッチパネル液晶が採用されている事だ。液晶パネルでフォーカス移動も可能だ。初心者にとってこんな便利な機能があると一眼レフの使用頻度も高まるに違いない。

  4. Canon EOS 5D Mark3

    Canon EOS5Dmark3はプロのフォトグラファーのスタンダード機として広く普及されているCanonのフラッグシップ機だ。最近では一眼ムービー機として存在感があり、普及度で言えばEOS1Dシリーズよりも上になる。

  5. Canon EOS 6D

    EOS6Dは発売以降、フルサイズのエントリー機としてその人気は不動のものとなっている。他社からも様々なフルサイズの一眼カメラが発売されたが、今だCanon EOS6Dの存在感は色あせることがない。Canon EOS6Dの購入を検討しているならぜひ読んでみて欲しい。

  6. Nikon D3400

    D3400は一眼初心者に人気があったD3300の後継機であるが、2416万画素の高画質で一眼中級機と言えるほど性能が良い。しかし、NikonD3400にも欠点はある。このブログではNikonD3400の長所・短所や撮影に便利なアクセサリー・アイテムも紹介する。

ブログ管理人プロフィール

HN:おーとふぉーかす
Works:ビデオグラファー・映像制作・メディア運営
YouTube歴:7年 持ってるアカウントは4つ。そのうち一つが登録者数1万ちょっと。

このブログは動画クリエイターを支援するためのサイトです。カメラや映像機材の紹介を中心に記事を書かせてもらってます。

カメラ本体・カメラ関連アイテムのレビュー依頼も受付いたします。こちらからお問い合わせください。



また、プロの映像クリエイターから映像制作を学べるオンラインスクールを開催していますのでぜひご参加ください。

最近の記事

ページ上部へ戻る