SONYα99II

ソニーα99II はAマウントの最上位モデルα99の後継モデルとして2016年11月に一新した。

解像度は4360万画素となり399点の測距点になる像面位相差オートフォーカスを備えている。
また、最近のソニーミラーレス機α7シリーズに搭載している5軸手ブレ補正も搭載し、Aマウント最強の一眼レフカメラとなった。

このブログではα99 II で上手に撮影する方法や便利なアイテムを解説する。
α99 II の購入を検討している方はぜひ読んでいただきたい。

続きを読む

映像でブランディングするプロの全手法を公開

スポンサーリンク

関連商品

  1. Nikon D5300

    Nikon D5300はすでに後継機となるD5500が発売されているにもかかわらず、依然として人気のあるモデルだ。2400万画素を超える解像度はいまだに色あせることを感じさせない映りを見せる。カメラ初心者にも扱いやすく、それでいて中級者も満足できる。

  2. Nikon D810

    ニコン史上最高画質を誇り、フルHDでノイズが少ない動画撮影も可能だ。D810はニコン最高機種にもかかわらずEOS5Dシリーズよりも安価で多くのファンを獲得している。万能で最強の一眼カメラだが、その機能には欠点がないわけではない。

  3. Canon 1D X mark2

    EOS-1DX MarkIIは2016年4月に発売されたCanonのフラッグシップモデルの後継機であり、プロのフォトグラファーが憧れるカメラである。ボディだけで60万円以上するカメラのため、現状それほど普及しているわけではないが、すぐに新型が発売されないので購入しても永く使えるという点もある。

  4. Canon EOSKISSX7

    Canon EOS kissx7 は発売して何年も経つのだが、未だに人気が衰えない一眼レフカメラだ。初心者のエントリー機として有名なEOS kissx7だが、その性能の高さと価格に見合わない描写力はこれまでプロ機を扱ってきたフォトグラファーにも人気がある。

  5. NikonD850

    有効画素数4575万画素のイメージセンサーを搭載し、連写性能が秒間9コマとD810から大幅に向上しています。 D850の競合機種と比較して遜色ない性能となっているのか? このブログではNikonD850がD810からどのようにバージョンアップしたのか?長所・短所など検証します。

  6. Nikon D5500

    NikonD5500は、ニコンの一眼カメラエントリー機とされているが、その性能の良さはネットでも非常に評判が良い。特にユーザーに支持されているのは軽量で扱いやすいことと、タッチパネル液晶が採用されている事だ。液晶パネルでフォーカス移動も可能だ。初心者にとってこんな便利な機能があると一眼レフの使用頻度も高まるに違いない。

ブログ管理人プロフィール

HN:おーとふぉーかす
Works:ビデオグラファー・映像制作・メディア運営
YouTube歴:7年 持ってるアカウントは4つ。そのうち一つが登録者数1万ちょっと。

このブログは動画クリエイターを支援するためのサイトです。カメラや映像機材の紹介を中心に記事を書かせてもらってます。

カメラ本体・カメラ関連アイテムのレビュー依頼も受付いたします。こちらからお問い合わせください。



また、プロの映像クリエイターから映像制作を学べるオンラインスクールを開催していますのでぜひご参加ください。

最近の記事

ページ上部へ戻る