SONYα99II

ソニーα99II はAマウントの最上位モデルα99の後継モデルとして2016年11月に一新した。

解像度は4360万画素となり399点の測距点になる像面位相差オートフォーカスを備えている。
また、最近のソニーミラーレス機α7シリーズに搭載している5軸手ブレ補正も搭載し、Aマウント最強の一眼レフカメラとなった。

このブログではα99 II で上手に撮影する方法や便利なアイテムを解説する。
α99 II の購入を検討している方はぜひ読んでいただきたい。

続きを読む

プロモーション動画のテンプレートを公開します

No.1 マーケッター 神田昌野典先生が絶賛した驚きの動画メソッド

最高峰のドキュメンタリー動画の作り方を丸ごと1本の教材におさめました。
素人でもプロ顔負けのCM・ドキュメンタリー動画を作る「型」を教えます。

詳しく見る

関連商品

  1. Canon EOSKISSX7

    Canon EOS kissx7 は発売して何年も経つのだが、未だに人気が衰えない一眼レフカメラだ。初心者のエントリー機として有名なEOS kissx7だが、その性能の高さと価格に見合わない描写力はこれまでプロ機を扱ってきたフォトグラファーにも人気がある。

  2. Canon EOS 6D

    EOS6Dは発売以降、フルサイズのエントリー機としてその人気は不動のものとなっている。他社からも様々なフルサイズの一眼カメラが発売されたが、今だCanon EOS6Dの存在感は色あせることがない。Canon EOS6Dの購入を検討しているならぜひ読んでみて欲しい。

  3. Canon EOS 9000D

    EOS9000Dは初心者用とはいえ、オートフォーカスはすでに発売している中級クラスのEOS 80Dと同等の性能を搭載している。 コストパフォーマンスに優れた高性能な一眼レフカメラと言えるだろう。

  4. NikonD850

    有効画素数4575万画素のイメージセンサーを搭載し、連写性能が秒間9コマとD810から大幅に向上しています。 D850の競合機種と比較して遜色ない性能となっているのか? このブログではNikonD850がD810からどのようにバージョンアップしたのか?長所・短所など検証します。

  5. Canon EOS5D mark4

    Canon EOS5D mark4はプロのフォトグラファーに支持されてきたCanon EOS5D mark3の後継機だ。Canon EOS5D mark4には良い部分と悪い部分がある。ここではCanon EOS5D mark4の最新情報や特長・欠点などもまとめている。

  6. Nikon D7500

    D7500はニコンDXフォーマットの一眼レフカメラだ。有効画素数は2088万画素となっている。4K動画撮影も備えており、最高ISO感度51200を誇る。このブログではD7500ユーザーの情報から得たD7500の良いところ・悪いところも含めてレビューする。購入予定の方はぜひ参考にしてほしい。

ブログ管理人プロフィール

HN:おーとふぉーかす
Works:ビデオグラファー・映像制作・メディア運営
YouTube歴:7年 持ってるアカウントは4つ。そのうち一つが登録者数1万ちょっと。

このブログは動画クリエイターを支援するためのサイトです。カメラや映像機材の紹介を中心に記事を書かせてもらってます。

カメラ本体・カメラ関連アイテムのレビュー依頼も受付いたします。こちらからお問い合わせください。



また、プロの映像クリエイターから映像制作を学べるオンラインスクールを開催していますのでぜひご参加ください。

最近の記事

ページ上部へ戻る