SONYα99II

ソニーα99II はAマウントの最上位モデルα99の後継モデルとして2016年11月に一新した。

解像度は4360万画素となり399点の測距点になる像面位相差オートフォーカスを備えている。
また、最近のソニーミラーレス機α7シリーズに搭載している5軸手ブレ補正も搭載し、Aマウント最強の一眼レフカメラとなった。

このブログではα99 II で上手に撮影する方法や便利なアイテムを解説する。
α99 II の購入を検討している方はぜひ読んでいただきたい。

続きを読む

映像でブランディングするプロの全手法を公開

スポンサーリンク

関連商品

  1. Nikon D7200

    Nikon D7200は、フィルムの一眼レフカメラで撮影してきたユーザーに、乗り換え機として非常に人気が高まっている。DXフォーマットで高感度でも低ノイズの撮影ができる上、動画撮影機能も優秀なカメラだ。

  2. Canon EOS KissX9

    X7の後継機はもう出ないのかな?と思っていたら2017年に突然リリースされたX9。ミラーレス一眼がレンズ交換式カメラの主流となりつつある今、X9はどのような性能を見せつけてくれるのでしょうか?このブログではKiss X9のメリット・デメリットを詳しく検証してみます。

  3. Nikon D5300

    Nikon D5300はすでに後継機となるD5500が発売されているにもかかわらず、依然として人気のあるモデルだ。2400万画素を超える解像度はいまだに色あせることを感じさせない映りを見せる。カメラ初心者にも扱いやすく、それでいて中級者も満足できる。

  4. PENTAX K-70

    PENTAX K-70は2016年7月に発売された一眼レフカメラだ。全天候型一眼レフという異名の通り、防塵防滴構造と-10℃での動作保証などアウトドアで撮影することが前提のフィールドフォトグラファーに最適のマシンとなっている。

  5. Nikon D5500

    NikonD5500は、ニコンの一眼カメラエントリー機とされているが、その性能の良さはネットでも非常に評判が良い。特にユーザーに支持されているのは軽量で扱いやすいことと、タッチパネル液晶が採用されている事だ。液晶パネルでフォーカス移動も可能だ。初心者にとってこんな便利な機能があると一眼レフの使用頻度も高まるに違いない。

  6. Canon PowerShot SX710HS

    キャノンが多くのユーザーの期待にこたえて世に送り出したのが、待望のコンパクトカメラPowerShot SX710HSだ。このブログではキヤノンPowerShot SX710HSのレビューや口コミなど実際に使ったユーザーの意見や評価をまとめてみた。

ブログ管理人プロフィール

HN:おーとふぉーかす
自己紹介:私は35歳で未経験から映像業界に転職しました。
Works:ビデオグラファー・映像制作・メディア運営
YouTube歴:7年 持ってるアカウントは4つ。そのうち一つが登録者数1万ちょっと。

このブログは動画クリエイターを支援するためのサイトです。カメラや映像機材の紹介を中心に記事を書かせてもらってます。

カメラ本体・カメラ関連アイテムのレビュー依頼も受付いたします。こちらからお問い合わせください。



また、プロの映像クリエイターから映像制作を学べるオンラインスクールを開催していますのでぜひご参加ください。

最近の記事

ページ上部へ戻る