SIGMA sd Quattro

2016年6月 レンズメーカーのシグマからミラーレス一眼カメラ SIGMA sd Quattroが発売された。

APS-Cセンサーを搭載し、有効画素数は2950万画素となっている。
シグマ独自開発のFoveonセンサーはAPS-Cサイズで中判クラスの解像度を得られるとし、sd Quattro上位機種のsd Quattro Hは5100万画素相当の画質で撮影できる。

マニアックな機種であるが、ユーザーのネット上の評判がすこぶる良い。
画質の高さはフルサイズ機を勝ると言われている。

このブログではシグマ sd Quattroの評判や最新情報などをまとめてみた。
購入を検討しているならぜひ読んでいただきたい。

続きを読む

映像でブランディングするプロの全手法を公開

スポンサーリンク

関連商品

  1. FUJIFILM X-Pro2

    X-Pro2は前モデルX-Pro1の発売から4年経ち、進化モデルとして発表された。APS-Cセンサーでフルサイズ並みの解像度を感じさせるシャープな写りで一眼カメラユーザーのなかで非常に評価が高い。元々レンズの老舗である富士フィルムが作る交換レンズは業界では「フジノン」の愛称で絶大な信頼を得ている。

  2. Panasonic DMC-GX8

    LUMIX GX8は4Kフォト・4Kムービーが撮影できるパナソニックのミラ-レス一眼カメラだ。4Kムービーのシャープさで評判が良く、価格もこなれてきた。パナソニック LUMIX GX8の購入を検討しているならぜひこのブログを読んでみて欲しい。

  3. OLYMPUS PEN EPL6

    オリンパスPENは、日本を代表するカメラメーカーであるオリンパス社が製造・販売するカメラシリーズである。オリンパスPENは、1959年にハーフサイズカメラとして登場した。ハーフサイズカメラは、35ミリフィルムの1枚のフィルムを半分使用して撮影を行うカメラである。

  4. FUJIFILM X-A3

    クラシカルで女性やライトユーザー向けのデザインでありながらも、有効画素数2420万画素のAPS-Cセンサーを搭載し、X-T2やX-T20といった中・上級クラスと同じレンズを装着できる。X-Aシリーズは人気があるシリーズだったが、X-A3になってどのように機能向上したのだろうか?

  5. Sony α6500

    前モデルのα6300にはなかった光学式の5軸手ブレ補正をボディ内に搭載し、さらに解像度とオートフォーカス性能を向上している。α6300では4K動画撮影が可能だったが、4K動画撮影はピントや手ブレがシビアで扱いにくかった。今回のα6500の性能向上で一眼初心者でも4K動画を簡単に撮影できるようになったといっても過言ではない。

  6. OLYMPUS PEN-F

    PEN-Fはライカのようなルックスでオールドカメラやオールドレンズを好むカメラユーザーに非常に人気が高いカメラだ。見た目はすこし玄人好みだが、操作性の良さや映りの良さはカメラ初心者にも注目を集めている。

ブログ管理人プロフィール

HN:おーとふぉーかす
自己紹介:私は35歳で未経験から映像業界に転職しました。
Works:ビデオグラファー・映像制作・メディア運営
YouTube歴:7年 持ってるアカウントは4つ。そのうち一つが登録者数1万ちょっと。

このブログは動画クリエイターを支援するためのサイトです。カメラや映像機材の紹介を中心に記事を書かせてもらってます。

カメラ本体・カメラ関連アイテムのレビュー依頼も受付いたします。こちらからお問い合わせください。



また、プロの映像クリエイターから映像制作を学べるオンラインスクールを開催していますのでぜひご参加ください。

最近の記事

ページ上部へ戻る