PENTAX K-S2

ペンタックス K-S2はAPS-Cサイズのイメージセンサーを搭載したリコーイメージングの一眼レフカメラだ。

ISO感度は51200まで対応する感度耐性の高いモデルになっており、主に天体や夜景の写真を撮るユーザーに人気が高い。

価格も比較的買いやすい設定になっており、初心者の方向けの一眼レフカメラと言える。

このブログではペンタックス K-S2のユーザーから得たK-S2のメリット・デメリットを詳しく解説する。

K-S2の購入を検討している方はぜひ参考にしてみてほしい。

続きを読む

映像でブランディングするプロの全手法を公開

プロモーションビデオを作れるようになりたいけど、構成やディレクションの方法がよく分からないと悩んでいませんか?
ムービーアカデミーでは
あなたの動画の格をあげ、単価をあげる2つのポイント
1台のカメラで擬似3カメ編集 対談動画のポイント
ドキュメンタリームービーの構成テンプレート
など、実績を上げているプロの映像クリエイターから今すぐに活用できる具体的なテクニックを詳細に解説してもらえます。
ぜひ貴社の動画マーケティングにご活用ください。

詳しく見る

スポンサーリンク

関連商品

  1. Canon EOS Kiss X80

    EOSには人気のエントリーモデル EOS Kiss X7があるが、それよりもさらに値段が安い価格設定になっている。軽量コンパクトで女性でも軽々持ち運べるほどで、コンデジを買うか?一眼レフを買うか?迷っている方にぴったりのカメラと言えよう。

  2. SONYα99II

    ソニーα99II はAマウントの最上位モデルα99の後継モデルとして2016年11月に一新した。解像度は4360万画素となり399点の測距点になる像面位相差オートフォーカスを備えている。また、5軸手ブレ補正も搭載し、Aマウント最強の一眼レフカメラとなったのだ。

  3. PENTAX KP

    PENTAX KPはAPS-Cサイズのデジタル一眼レフカメラとしてリコーから2017年2月に発売された。販売価格は10万円台。リコーはPENTAX KPを一眼中級モデルとしてリリースしているが、その性能はリコーのフラッグシップ機PENTAX K-1に勝るとも劣らない。

  4. Canon EOS 9000D

    EOS9000Dは初心者用とはいえ、オートフォーカスはすでに発売している中級クラスのEOS 80Dと同等の性能を搭載している。 コストパフォーマンスに優れた高性能な一眼レフカメラと言えるだろう。

  5. Nikon D500

    D500にはこれまでNikonが培った技術が惜し気もなく投入されている。あらゆる撮影状況を想定し、環境を問わない撮影性能が確保されている。D500は今後、既存のNikonユーザーはもちろん、あらゆる一眼カメラユーザーも憧れるニコンのフラッグシップモデルになるに違いない。

  6. Canon EOS 6D

    EOS6Dは発売以降、フルサイズのエントリー機としてその人気は不動のものとなっている。他社からも様々なフルサイズの一眼カメラが発売されたが、今だCanon EOS6Dの存在感は色あせることがない。Canon EOS6Dの購入を検討しているならぜひ読んでみて欲しい。

ブログ管理人プロフィール

HN:おーとふぉーかす
Works:ビデオグラファー・映像制作・メディア運営
YouTube歴:7年 持ってるアカウントは4つ。そのうち一つが登録者数1万ちょっと。

このブログは動画クリエイターを支援するためのサイトです。カメラや映像機材の紹介を中心に記事を書かせてもらってます。

カメラ本体・カメラ関連アイテムのレビュー依頼も受付いたします。こちらからお問い合わせください。



また、プロの映像クリエイターから映像制作を学べるオンラインスクールを開催していますのでぜひご参加ください。

最近の記事

ページ上部へ戻る