Panasonic LUMIX DC-GF9

LUMIX GF9はパナソニックのミラーレス一眼の人気モデルでGF7の後継モデルとなる。

これまでパナソニックはGF7の販売以降、自社のミラーレス一眼に4Kフォトや4Kムービーの撮影機能搭載に重点を置いてきた。
そのため今回のGF9でも4K撮影モードは豊富に搭載されている。

また、GF9の目玉機能はローパスフィルターレス機能だ。
これまでローパスフィルターレス仕様はミラーレス一眼一部の最高級モデルに搭載されてきたのだが、今回初心者向け価格帯のGFシリーズに搭載してきたのは非常に嬉しい。

これによってさらに高画質・高精細な画像を撮ることができる。
このブログではGF9のメリット・デメリットや合わせて使いたい撮影アイテム、人気のレンズを紹介する。

LUMIX GF9の購入を検討しているならぜひ読んでみて欲しい。

続きを読む

プロモーション動画のテンプレートを公開します

No.1 マーケッター 神田昌野典先生が絶賛した驚きの動画メソッド

最高峰のドキュメンタリー動画の作り方を丸ごと1本の教材におさめました。
素人でもプロ顔負けのCM・ドキュメンタリー動画を作る「型」を教えます。

詳しく見る

関連商品

  1. SONY α6300

    ソニーα6300は4K動画を撮影できる小型ミラーレス一眼カメラとして映像制作に携わる方たちからも注目を集めている。α6000の後継機として、どのように進化しているのか?α6000の欠点などを克服しているのか?このブログでは詳しく解説したい。

  2. OLYMPUS OM-D E-M1

    OM-D E-M1はオリンパスミラーレス一眼カメラのフラッグシップモデルだ。マイクロフォーサーズセンサーと5軸手ブレ補正を搭載し、高い動画撮影機能も備えている。しかし、あまり語られない欠点なども、もちろんある。

  3. OLYMPUS OM-D E-M10 mark2

    オリンパスが販売している「OM-D E-M10 Mark2」は毎日使える小型でスタイリッシュなカメラである。その最大の特長は5軸手ぶれ補正内蔵のため、手ぶれ無しにあらゆるシーンで失敗の少ない一眼品質の写真を取る事が出来ることだ。

  4. FUJIFILM X-T10

    ミラーレス一眼ならSONYもここのところ勢いがある。しかし、FUJIFILMを見落としてはいけない。FUJIFILMで生産されているフジノンレンズはプロの映像業界では権威的な地位があるほどその性能の良さが評価されている。

  5. FUJIFILM X-T2

    FUJIFILM X-T1の後継機 X-T2が2016年9月に発売された。X-T2は4Kムービー撮影が可能となり、ダイヤルなどの操作性も改善されている。解像度が抜群の富士フィルムのミラーレス機にムービー性能が格段に強化されたモデルとなったが、それでもユーザーとして改善してほしい点がいくつかある。

  6. Nikon 1 J5

    Nikon独自のイメージセンサーサイズ規格CXフォーマット(35mm判換算で焦点距離が2.7倍となる)を搭載し、なんと4Kムービーが撮影できる。Nikon1J5はサイズも小さく軽量で、一眼カメラは大きすぎるけどスマホよりもきれいな写真が撮りたいと考えるユーザーに支持されている。

ブログ管理人プロフィール

HN:おーとふぉーかす
Works:ビデオグラファー・映像制作・メディア運営
YouTube歴:7年 持ってるアカウントは4つ。そのうち一つが登録者数1万ちょっと。

このブログは動画クリエイターを支援するためのサイトです。カメラや映像機材の紹介を中心に記事を書かせてもらってます。

カメラ本体・カメラ関連アイテムのレビュー依頼も受付いたします。こちらからお問い合わせください。



また、プロの映像クリエイターから映像制作を学べるオンラインスクールを開催していますのでぜひご参加ください。

最近の記事

ページ上部へ戻る