Nikon D810

ニコンD810は2014年7月に発売されたニコンフルサイズ一眼上位機種で、3635万画素の高級一眼レフカメラだ。

ニコン史上最高画質を誇り、フルHDでノイズが少ない動画撮影も可能だ。

D810はニコン最高機種にもかかわらずEOS5Dシリーズよりも安価で多くのファンを獲得している。
万能で最強の一眼カメラだが、その機能には欠点がないわけではない。

このブログではD810の評判や特徴をまとめた。
D810の購入を検討しているならぜひこのブログを読んで参考にしてほしい。

続きを読む

映像でブランディングするプロの全手法を公開

スポンサーリンク

関連商品

  1. PENTAX KP

    PENTAX KPはAPS-Cサイズのデジタル一眼レフカメラとしてリコーから2017年2月に発売された。販売価格は10万円台。リコーはPENTAX KPを一眼中級モデルとしてリリースしているが、その性能はリコーのフラッグシップ機PENTAX K-1に勝るとも劣らない。

  2. Canon EOSKISSX8i

    Canon EOS kiss X8iはCanonの一眼レフカメラエントリーモデルとしてとても人気があるモデルだ。特にバリアングル液晶モニターを備え、自撮りができるエントリー一眼機として評判が良い。ただ、欠点もある。このブログではEOS kiss X8iを徹底解剖しているので、ぜひ読んでみてほしい。

  3. Canon EOS 6DmarkII

    EOS 6DMarkIIはCanonのフルサイズエントリーモデルという位置づけを継承しながら、どのように更新されたのでしょうか?ここではEOS 6DMarkIIの良い点はもちろん、あまりよくない点も確認しながら、買うべきカメラなのかどうか検証してみます。

  4. Nikon D750

    D750はニコンフルサイズのFXフォーマットカメラだ。4K動画も撮影できる。ネットでも「バランスが非常に良いカメラ」・「撮影しやすいカメラ」として、一眼ユーザーのみならず、初心者にもオススメとされている。しかし欠点も少なからずある。

  5. Nikon D500

    D500にはこれまでNikonが培った技術が惜し気もなく投入されている。あらゆる撮影状況を想定し、環境を問わない撮影性能が確保されている。D500は今後、既存のNikonユーザーはもちろん、あらゆる一眼カメラユーザーも憧れるニコンのフラッグシップモデルになるに違いない。

  6. NikonD850

    有効画素数4575万画素のイメージセンサーを搭載し、連写性能が秒間9コマとD810から大幅に向上しています。 D850の競合機種と比較して遜色ない性能となっているのか? このブログではNikonD850がD810からどのようにバージョンアップしたのか?長所・短所など検証します。

ブログ管理人プロフィール

HN:おーとふぉーかす
自己紹介:私は35歳で未経験から映像業界に転職しました。
Works:ビデオグラファー・映像制作・メディア運営
YouTube歴:7年 持ってるアカウントは4つ。そのうち一つが登録者数1万ちょっと。

このブログは動画クリエイターを支援するためのサイトです。カメラや映像機材の紹介を中心に記事を書かせてもらってます。

カメラ本体・カメラ関連アイテムのレビュー依頼も受付いたします。こちらからお問い合わせください。



また、プロの映像クリエイターから映像制作を学べるオンラインスクールを開催していますのでぜひご参加ください。

最近の記事

ページ上部へ戻る