Nikon D7500

D7500はニコンDXフォーマットの一眼レフカメラだ。

有効画素数は2088万画素となっている。
4K動画撮影も備えており、最高ISO感度51200を誇る。

D7500に追随する性能を持ち、価格もD500よりかなり安く発売されたていることで人気が高い。

ではD7500を実際に使ってみるとどうなのか?

このブログではD7500ユーザーの情報から得たD7500の良いところ・悪いところも含めてレビューしてみたい。

D7500の購入を考えている方はぜひ読んで参考にしてほしい。

続きを読む

映像でブランディングするプロの全手法を公開

スポンサーリンク

関連商品

  1. Nikon D5300

    Nikon D5300はすでに後継機となるD5500が発売されているにもかかわらず、依然として人気のあるモデルだ。2400万画素を超える解像度はいまだに色あせることを感じさせない映りを見せる。カメラ初心者にも扱いやすく、それでいて中級者も満足できる。

  2. SONYα99II

    ソニーα99II はAマウントの最上位モデルα99の後継モデルとして2016年11月に一新した。解像度は4360万画素となり399点の測距点になる像面位相差オートフォーカスを備えている。また、5軸手ブレ補正も搭載し、Aマウント最強の一眼レフカメラとなったのだ。

  3. NikonD850

    有効画素数4575万画素のイメージセンサーを搭載し、連写性能が秒間9コマとD810から大幅に向上しています。 D850の競合機種と比較して遜色ない性能となっているのか? このブログではNikonD850がD810からどのようにバージョンアップしたのか?長所・短所など検証します。

  4. PENTAX K-70

    PENTAX K-70は2016年7月に発売された一眼レフカメラだ。全天候型一眼レフという異名の通り、防塵防滴構造と-10℃での動作保証などアウトドアで撮影することが前提のフィールドフォトグラファーに最適のマシンとなっている。

  5. Canon EOS 8000D

    EOS8000Dは一眼レフカメラのエントリー機として人気が高い。おなじくエントリー機 EOS kiss x8i やEOS kiss x7 があるが、もしエントリー機とはいえども操作になれて来たら積極的にマニュアルで一眼カメラを操作したいと考えているユーザーにEOS8000Dは最適だ。

  6. Canon EOS 5D Mark3

    Canon EOS5Dmark3はプロのフォトグラファーのスタンダード機として広く普及されているCanonのフラッグシップ機だ。最近では一眼ムービー機として存在感があり、普及度で言えばEOS1Dシリーズよりも上になる。

ブログ管理人プロフィール

HN:おーとふぉーかす
Works:ビデオグラファー・映像制作・メディア運営
YouTube歴:7年 持ってるアカウントは4つ。そのうち一つが登録者数1万ちょっと。

このブログは動画クリエイターを支援するためのサイトです。カメラや映像機材の紹介を中心に記事を書かせてもらってます。

カメラ本体・カメラ関連アイテムのレビュー依頼も受付いたします。こちらからお問い合わせください。



また、プロの映像クリエイターから映像制作を学べるオンラインスクールを開催していますのでぜひご参加ください。

最近の記事

ページ上部へ戻る