Nikon D7500

D7500はニコンDXフォーマットの一眼レフカメラだ。

有効画素数は2088万画素となっている。
4K動画撮影も備えており、最高ISO感度51200を誇る。

D7500に追随する性能を持ち、価格もD500よりかなり安く発売されたていることで人気が高い。

ではD7500を実際に使ってみるとどうなのか?

このブログではD7500ユーザーの情報から得たD7500の良いところ・悪いところも含めてレビューしてみたい。

D7500の購入を考えている方はぜひ読んで参考にしてほしい。

続きを読む

映像でブランディングするプロの全手法を公開

スポンサーリンク

関連商品

  1. Canon EOSKISSX8i

    Canon EOS kiss X8iはCanonの一眼レフカメラエントリーモデルとしてとても人気があるモデルだ。特にバリアングル液晶モニターを備え、自撮りができるエントリー一眼機として評判が良い。ただ、欠点もある。このブログではEOS kiss X8iを徹底解剖しているので、ぜひ読んでみてほしい。

  2. Canon EOS5D mark4

    Canon EOS5D mark4はプロのフォトグラファーに支持されてきたCanon EOS5D mark3の後継機だ。Canon EOS5D mark4には良い部分と悪い部分がある。ここではCanon EOS5D mark4の最新情報や特長・欠点などもまとめている。

  3. NikonD850

    有効画素数4575万画素のイメージセンサーを搭載し、連写性能が秒間9コマとD810から大幅に向上しています。 D850の競合機種と比較して遜色ない性能となっているのか? このブログではNikonD850がD810からどのようにバージョンアップしたのか?長所・短所など検証します。

  4. PENTAX K-S2

    ペンタックス K-S2はISO感度は51200まで対応する感度耐性の高いモデルになっており、主に天体や夜景の写真を撮るユーザーに人気が高い。このブログではペンタックス K-S2のユーザーから得たK-S2のメリット・デメリットを詳しく解説する。K-S2の購入を検討している方はぜひ参考にしてみてほしい。

  5. Nikon D500

    D500にはこれまでNikonが培った技術が惜し気もなく投入されている。あらゆる撮影状況を想定し、環境を問わない撮影性能が確保されている。D500は今後、既存のNikonユーザーはもちろん、あらゆる一眼カメラユーザーも憧れるニコンのフラッグシップモデルになるに違いない。

  6. Nikon D5600

    D5500は一眼レフカメラ初心者に人気のあるモデルだったが、D5600で高感度撮影も可能になっている。バリアングル液晶モニターも搭載しているため、動画撮影機としても人気が出そうだ。このブログではD5600を実際に使っているユーザーのレビューをまとめている。

ブログ管理人プロフィール

HN:おーとふぉーかす
自己紹介:私は35歳で未経験から映像業界に転職しました。
Works:ビデオグラファー・映像制作・メディア運営
YouTube歴:7年 持ってるアカウントは4つ。そのうち一つが登録者数1万ちょっと。

このブログは動画クリエイターを支援するためのサイトです。カメラや映像機材の紹介を中心に記事を書かせてもらってます。

カメラ本体・カメラ関連アイテムのレビュー依頼も受付いたします。こちらからお問い合わせください。



また、プロの映像クリエイターから映像制作を学べるオンラインスクールを開催していますのでぜひご参加ください。

最近の記事

ページ上部へ戻る