Nikon D5600

2016年11月にニコンからD5500の後継機であるD5600が発売された。

D5500は一眼レフカメラ初心者に人気のあるモデルだったが、D5600で高感度撮影も可能になっている。
バリアングル液晶モニターも搭載しているため、動画撮影機としても人気が出そうだ。

このブログではD5600を実際に使っているユーザーのレビューをまとめている。
また、D5600に人気のアクセサリーアイテムやD5600の活用方法を解説しているのでぜひ読んでみてほしい。

続きを読む

映像でブランディングするプロの全手法を公開

プロモーションビデオを作れるようになりたいけど、構成やディレクションの方法がよく分からないと悩んでいませんか?
ムービーアカデミーでは
あなたの動画の格をあげ、単価をあげる2つのポイント
1台のカメラで擬似3カメ編集 対談動画のポイント
ドキュメンタリームービーの構成テンプレート
など、実績を上げているプロの映像クリエイターから今すぐに活用できる具体的なテクニックを詳細に解説してもらえます。
ぜひ貴社の動画マーケティングにご活用ください。

詳しく見る

スポンサーリンク

関連商品

  1. Canon EOS 9000D

    EOS9000Dは初心者用とはいえ、オートフォーカスはすでに発売している中級クラスのEOS 80Dと同等の性能を搭載している。 コストパフォーマンスに優れた高性能な一眼レフカメラと言えるだろう。

  2. Nikon D7500

    D7500はニコンDXフォーマットの一眼レフカメラだ。有効画素数は2088万画素となっている。4K動画撮影も備えており、最高ISO感度51200を誇る。このブログではD7500ユーザーの情報から得たD7500の良いところ・悪いところも含めてレビューする。購入予定の方はぜひ参考にしてほしい。

  3. SONYα99II

    ソニーα99II はAマウントの最上位モデルα99の後継モデルとして2016年11月に一新した。解像度は4360万画素となり399点の測距点になる像面位相差オートフォーカスを備えている。また、5軸手ブレ補正も搭載し、Aマウント最強の一眼レフカメラとなったのだ。

  4. Canon EOS 8000D

    EOS8000Dは一眼レフカメラのエントリー機として人気が高い。おなじくエントリー機 EOS kiss x8i やEOS kiss x7 があるが、もしエントリー機とはいえども操作になれて来たら積極的にマニュアルで一眼カメラを操作したいと考えているユーザーにEOS8000Dは最適だ。

  5. Nikon D750

    D750はニコンフルサイズのFXフォーマットカメラだ。4K動画も撮影できる。ネットでも「バランスが非常に良いカメラ」・「撮影しやすいカメラ」として、一眼ユーザーのみならず、初心者にもオススメとされている。しかし欠点も少なからずある。

  6. Canon EOS KissX9

    X7の後継機はもう出ないのかな?と思っていたら2017年に突然リリースされたX9。ミラーレス一眼がレンズ交換式カメラの主流となりつつある今、X9はどのような性能を見せつけてくれるのでしょうか?このブログではKiss X9のメリット・デメリットを詳しく検証してみます。

ブログ管理人プロフィール

HN:おーとふぉーかす
Works:ビデオグラファー・映像制作・メディア運営
YouTube歴:7年 持ってるアカウントは4つ。そのうち一つが登録者数1万ちょっと。

このブログは動画クリエイターを支援するためのサイトです。カメラや映像機材の紹介を中心に記事を書かせてもらってます。

カメラ本体・カメラ関連アイテムのレビュー依頼も受付いたします。こちらからお問い合わせください。



また、プロの映像クリエイターから映像制作を学べるオンラインスクールを開催していますのでぜひご参加ください。

最近の記事

ページ上部へ戻る