Nikon D3400

2016年9月 Nikonの一眼レフカメラエントリーモデルのD3400が発売した。

D3400は一眼初心者に人気があったD3300の後継機であるが、2416万画素の高画質で一眼中級機と言えるほど性能が良い。

しかし、NikonD3400にも欠点はある。
このブログではNikonD3400の長所・短所や撮影に便利なアクセサリー・アイテムも紹介する。

D3400の購入を検討しているならぜひ一度読んでほしい。

続きを読む

映像でブランディングするプロの全手法を公開

スポンサーリンク

関連商品

  1. Canon 1D X mark2

    EOS-1DX MarkIIは2016年4月に発売されたCanonのフラッグシップモデルの後継機であり、プロのフォトグラファーが憧れるカメラである。ボディだけで60万円以上するカメラのため、現状それほど普及しているわけではないが、すぐに新型が発売されないので購入しても永く使えるという点もある。

  2. Nikon D7200

    Nikon D7200は、フィルムの一眼レフカメラで撮影してきたユーザーに、乗り換え機として非常に人気が高まっている。DXフォーマットで高感度でも低ノイズの撮影ができる上、動画撮影機能も優秀なカメラだ。

  3. Canon EOS5D mark4

    Canon EOS5D mark4はプロのフォトグラファーに支持されてきたCanon EOS5D mark3の後継機だ。Canon EOS5D mark4には良い部分と悪い部分がある。ここではCanon EOS5D mark4の最新情報や特長・欠点などもまとめている。

  4. CANON EOS7DMarkⅡ

    CANONのデジタル一眼レフカメラ『EOS 7D Mark II』は、その年の優秀な製品に贈られるカメラグランプリにおいて、権威ある賞をダブル受賞するなど、2015年に発売されたカメラの中で、最も高い評価を得たカメラである。

  5. Nikon D5500

    NikonD5500は、ニコンの一眼カメラエントリー機とされているが、その性能の良さはネットでも非常に評判が良い。特にユーザーに支持されているのは軽量で扱いやすいことと、タッチパネル液晶が採用されている事だ。液晶パネルでフォーカス移動も可能だ。初心者にとってこんな便利な機能があると一眼レフの使用頻度も高まるに違いない。

  6. Nikon D750

    D750はニコンフルサイズのFXフォーマットカメラだ。4K動画も撮影できる。ネットでも「バランスが非常に良いカメラ」・「撮影しやすいカメラ」として、一眼ユーザーのみならず、初心者にもオススメとされている。しかし欠点も少なからずある。

ブログ管理人プロフィール

HN:おーとふぉーかす
自己紹介:私は35歳で未経験から映像業界に転職しました。
Works:ビデオグラファー・映像制作・メディア運営
YouTube歴:7年 持ってるアカウントは4つ。そのうち一つが登録者数1万ちょっと。

このブログは動画クリエイターを支援するためのサイトです。カメラや映像機材の紹介を中心に記事を書かせてもらってます。

カメラ本体・カメラ関連アイテムのレビュー依頼も受付いたします。こちらからお問い合わせください。



また、プロの映像クリエイターから映像制作を学べるオンラインスクールを開催していますのでぜひご参加ください。

最近の記事

ページ上部へ戻る