LUMIX GX7MK3

LUMIX GX7MK3は2018年3月に発売されたPanasonicのミラーレス一眼カメラです。

価格はボディのみで10万円以下で購入できるようになっておりますので、価格的にはミドルクラスのカメラと言えます。

しかしその性能はパナソニックのフラッグシップ機であるGH5を継承している部分も多いので値段以上の性能として定評を得ています。

このブログではLUMIX GX7MK3は買いのカメラなのか?長所・短所、GX7MK3にオススメのレンズや撮影アイテムを紹介します。

これからGX7MK3を買おうと考えている方はぜひ読んでみてください。

詳細ページへ

映像でブランディングするプロの全手法を公開

スポンサーリンク

関連商品

  1. sony α7R

    α7Rは後継機種のα7R Mark2が発売されてからやや価格が下がった感じだ。世界最小、最軽量、高画質の特徴の他にワイヤレス通信機能やピクチャーエフェクトがついており、自由に写真を楽しみながら撮ったその場で、写真をすぐに共有したり保存ができる。

  2. Nikon 1 J5

    Nikon独自のイメージセンサーサイズ規格CXフォーマット(35mm判換算で焦点距離が2.7倍となる)を搭載し、なんと4Kムービーが撮影できる。Nikon1J5はサイズも小さく軽量で、一眼カメラは大きすぎるけどスマホよりもきれいな写真が撮りたいと考えるユーザーに支持されている。

  3. sony α7RⅡ

    ソニーα7R2は、αシリーズ最高峰の性能を誇る高級ミラーレス一眼だ。このブログではソニーα7R2を実際に使っているユーザーから得たα7R2口コミや便利なアイテム情報をまとめて解説した。 ソニーα7R2の購入を検討している人はぜひご覧いただきたい。

  4. Canon EOS M3

    Canon EOS M3はキヤノンが開発したミラーレス一眼カメラだ。CanonはEOS5DやEOS7Dシリーズなど数々の人気カメラをリリースしているが、どれも一眼レフカメラであり、ミラーレス一眼カメラはまだまだ充実しているとは言い難い。

  5. FUJIFILM X-T10

    ミラーレス一眼ならSONYもここのところ勢いがある。しかし、FUJIFILMを見落としてはいけない。FUJIFILMで生産されているフジノンレンズはプロの映像業界では権威的な地位があるほどその性能の良さが評価されている。

  6. Panasonic LUMIX DMC-G7

    4K対応のイメージセンサーを搭載し、色鮮やかな画質が魅力である。このカメラの大きな特長は連写モードにある。LUMIXのDMC-G7は、連写モードでも撮影速度が落ちないだけにとどまらない。なんと1秒で30枚の連写が可能なので、一瞬のシャッターチャンスを逃さないのである。

ブログ管理人プロフィール

HN:おーとふぉーかす
自己紹介:私は35歳で未経験から映像業界に転職しました。
Works:ビデオグラファー・映像制作・メディア運営
YouTube歴:7年 持ってるアカウントは4つ。そのうち一つが登録者数1万ちょっと。

このブログは動画クリエイターを支援するためのサイトです。カメラや映像機材の紹介を中心に記事を書かせてもらってます。

カメラ本体・カメラ関連アイテムのレビュー依頼も受付いたします。こちらからお問い合わせください。



また、プロの映像クリエイターから映像制作を学べるオンラインスクールを開催していますのでぜひご参加ください。

最近の記事

ページ上部へ戻る