Panasonic LUMIX DMC-G7

DMC-G7は、LUMIXのミラーレス一眼カメラだ。

4K対応のイメージセンサーを搭載し、色鮮やかな画質が魅力である。

このカメラの大きな特長は連写モードにある。
LUMIXのDMC-G7は、連写モードでも撮影速度が落ちないだけにとどまらない。

なんと1秒で30枚の連写が可能なので、一瞬のシャッターチャンスを逃さないのである。

続きを読む

映像でブランディングするプロの全手法を公開

スポンサーリンク

関連商品

  1. SONY α7Ⅲ

    α7ⅢからSDカードがダブルスロットになり、仕事でも使いやすい仕様になったので買って使っています。実際に使ってみると購入前には分からなかった欠点にも気が付きました。

  2. FUJIFILM X-Pro2

    X-Pro2は前モデルX-Pro1の発売から4年経ち、進化モデルとして発表された。APS-Cセンサーでフルサイズ並みの解像度を感じさせるシャープな写りで一眼カメラユーザーのなかで非常に評価が高い。元々レンズの老舗である富士フィルムが作る交換レンズは業界では「フジノン」の愛称で絶大な信頼を得ている。

  3. OLYMPUS PEN E-PL9

    ボディカラーはホワイトやブラウンなど女子に人気の色が発売されてます。 新モデルはボディに高級感があり、所有感を満たしてくれるカメラとなりそうです。 このブログではPEN E-PL9のオススメレンズや購入時の注意点などを調べてまとめています。

  4. Panasonic LUMIX DC-GF9

    LUMIX GF9はGF7の後継モデルとなる。GF9の目玉機能はローパスフィルターレス機能だ。 これまでローパスフィルターレス仕様はミラーレス一眼一部の最高級モデルに搭載されてきたのだが、今回初心者向け価格帯のGFシリーズに搭載してきたのは非常に嬉しい。

  5. SIGMA sd Quattro

    APS-Cセンサーを搭載し、有効画素数は2950万画素となっている。シグマ独自開発のFoveonセンサーはAPS-Cサイズで中判クラスの解像度を得られ、sd Quattro上位機種のsd Quattro Hは5100万画素相当の画質で撮影できる。マニアックな機種だが、ネット上の評判はすこぶる良い。

  6. FUJIFILM X-T20

    FUJIFILM X-T20は富士フィルムのレンズ交換式カメラの中級モデルとされていたX-T10の新モデルだ。X-Trans CMOS IIIセンサーを搭載し、解像度も前モデルの1630万画素から2430万画素に引き上げられている。

ブログ管理人プロフィール

HN:おーとふぉーかす
自己紹介:私は35歳で未経験から映像業界に転職しました。
Works:ビデオグラファー・映像制作・メディア運営
YouTube歴:7年 持ってるアカウントは4つ。そのうち一つが登録者数1.5万ちょっと。

このブログは動画クリエイターを支援するためのサイトです。カメラや映像機材の紹介を中心に記事を書いています。

動画制作に興味がある方はぜひ読んでみてください!


また、プロの映像クリエイターから映像制作を学べるオンラインスクールを開催していますのでぜひご参加ください。

最近の記事

ページ上部へ戻る