FUJIFILM X-E3

富士フィルムのミラーレス一眼カメラX-E3が2017年9月に発売されました。

スタイリッシュなデザインでフラットなカメラボディにタッチパネル液晶や4K動画撮影機能を盛り込んだ軽量ミラーレス一眼です。

これまで富士フィルムのミラーレス一眼カメラはプロの写真家・映像クリエイターに支持が集まっていましたが、一般ユーザーにはそれほど認知されていない傾向がありました。

しかし、低価格帯のミラーレス一眼でたくさんの機能を盛り込んだX-E3がこれまでの富士フィルムのイメージをがらりと変えそうです。

このブログでは富士フィルムのミラーレス一眼カメラX-E3の良い点・悪い点やおススメのレンズ・アクセサリーについて紹介します。

X-E3の購入を検討されている方はぜひ一度記事を読んでみてください。

詳細ページへ

FUJIFILM ミラーレス一眼 X-E3レンズキットブラック

プロモーション動画のテンプレートを公開します

No.1 マーケッター 神田昌野典先生が絶賛した驚きの動画メソッド

最高峰のドキュメンタリー動画の作り方を丸ごと1本の教材におさめました。
素人でもプロ顔負けのCM・ドキュメンタリー動画を作る「型」を教えます。

詳しく見る

関連商品

  1. SIGMA sd Quattro

    APS-Cセンサーを搭載し、有効画素数は2950万画素となっている。シグマ独自開発のFoveonセンサーはAPS-Cサイズで中判クラスの解像度を得られ、sd Quattro上位機種のsd Quattro Hは5100万画素相当の画質で撮影できる。マニアックな機種だが、ネット上の評判はすこぶる良い。

  2. Panasonic LUMIX DMC-G7

    4K対応のイメージセンサーを搭載し、色鮮やかな画質が魅力である。このカメラの大きな特長は連写モードにある。LUMIXのDMC-G7は、連写モードでも撮影速度が落ちないだけにとどまらない。なんと1秒で30枚の連写が可能なので、一瞬のシャッターチャンスを逃さないのである。

  3. Nikon 1 J5

    Nikon独自のイメージセンサーサイズ規格CXフォーマット(35mm判換算で焦点距離が2.7倍となる)を搭載し、なんと4Kムービーが撮影できる。Nikon1J5はサイズも小さく軽量で、一眼カメラは大きすぎるけどスマホよりもきれいな写真が撮りたいと考えるユーザーに支持されている。

  4. Panasonic LUMIX DMC-GX7MK2

    パナソニック LUMIX GX7MK2は4Kフォト・4Kムービーが撮影できるパナソニックのミラ-レス一眼カメラだ。イクロフォーサーズ規格のGX7MK2は交換レンズも比較的安価なため、発売当初から一眼カメラユーザーから注目され、今のところ評判が良い。

  5. FUJIFILM X-T2

    FUJIFILM X-T1の後継機 X-T2が2016年9月に発売された。X-T2は4Kムービー撮影が可能となり、ダイヤルなどの操作性も改善されている。解像度が抜群の富士フィルムのミラーレス機にムービー性能が格段に強化されたモデルとなったが、それでもユーザーとして改善してほしい点がいくつかある。

  6. Canon EOS M5

    EOS M5はCanonから2016年11月に発売されたミラーレス一眼カメラだ。解像度2420万画素のCMOSセンサーとEVFが搭載されている。Canon ミラーレス一眼シリーズのハイエンドタイプとされている。

ブログ管理人プロフィール

HN:おーとふぉーかす
Works:ビデオグラファー・映像制作・メディア運営
YouTube歴:7年 持ってるアカウントは4つ。そのうち一つが登録者数1万ちょっと。

このブログは動画クリエイターを支援するためのサイトです。カメラや映像機材の紹介を中心に記事を書かせてもらってます。

カメラ本体・カメラ関連アイテムのレビュー依頼も受付いたします。こちらからお問い合わせください。



また、プロの映像クリエイターから映像制作を学べるオンラインスクールを開催していますのでぜひご参加ください。

最近の記事

ページ上部へ戻る