FUJIFILM X-T20

FUJIFILM X-T20は富士フィルムのレンズ交換式カメラの中級モデルとされていたX-T10の新モデルだ。

X-Trans CMOS IIIセンサーを搭載し、解像度も前モデルの1630万画素から2430万画素に引き上げられている。

その他の機能もグレードアップして正常進化したというよりもむしろ一眼ハイエンド機と同等と考えても差し支えないだろう。

このブログではFUJIFILM X-T20の性能についてはもちろん、撮影の方法や人気の交換レンズを検証している。

FUJIFILM X-T20の購入を迷っているならぜひ読んでみてほしい。FUJIFILM X-T20がどんなカメラなのか詳しく解説しよう。

続きを読む

映像でブランディングするプロの全手法を公開

スポンサーリンク

関連商品

  1. FUJIFILM X-A5

    X-A5の性能は前モデルのX-A3と比較すると感度耐性とAF性能がかなり向上し、4K動画も撮影できるようになっています。 このブログではFUJIFILM X-A5の撮影でおススメのレンズや便利なアイテムの紹介や購入前に知っておきたいX-A5の長所・短所をレビューしてます。

  2. SONY α6000

    α6000は2014年3月に発売開始したソニーミラーレス一眼のエントリーモデルだ。しかし初心者向けとは言うものの性能は極めて高い。特にオートフォーカスの合焦速度は他のレンズ交換式カメラの中で群を抜いており、動画でもその威力を発揮する。

  3. sony α7S

    色んなものを撮影していくにあたって、どのカメラを選ぶのかというのは大きな問題だ。今ではスマホにも高機能なカメラが付いているため、カメラを購入しようとする人はプロのようにかっこいい写真を撮りたいと思っている人も多い。

  4. SIGMA sd Quattro

    APS-Cセンサーを搭載し、有効画素数は2950万画素となっている。シグマ独自開発のFoveonセンサーはAPS-Cサイズで中判クラスの解像度を得られ、sd Quattro上位機種のsd Quattro Hは5100万画素相当の画質で撮影できる。マニアックな機種だが、ネット上の評判はすこぶる良い。

  5. Panasonic LUMIX DC-GF9

    LUMIX GF9はGF7の後継モデルとなる。GF9の目玉機能はローパスフィルターレス機能だ。 これまでローパスフィルターレス仕様はミラーレス一眼一部の最高級モデルに搭載されてきたのだが、今回初心者向け価格帯のGFシリーズに搭載してきたのは非常に嬉しい。

  6. Panasonic LUMIX DMC-GF7

    このブログ「LUMIX GF7の評価と口コミ」は2015年2月に発売されたパナソニックのミラーレス一眼カメラ LUMIX GF7のネットでの評価や口コミをもとにLUMIX GF7の最新情報やお役立ち情報をまとめてみた。

ブログ管理人プロフィール

HN:おーとふぉーかす
Works:ビデオグラファー・映像制作・メディア運営
YouTube歴:7年 持ってるアカウントは4つ。そのうち一つが登録者数1万ちょっと。

このブログは動画クリエイターを支援するためのサイトです。カメラや映像機材の紹介を中心に記事を書かせてもらってます。

カメラ本体・カメラ関連アイテムのレビュー依頼も受付いたします。こちらからお問い合わせください。



また、プロの映像クリエイターから映像制作を学べるオンラインスクールを開催していますのでぜひご参加ください。

最近の記事

ページ上部へ戻る