FUJIFILM X-T2

2014年に発売されたFUJIFILM X-T1の後継機 X-T2が2016年9月に発売された。
X-T2は4Kムービー撮影が可能となり、ダイヤルなどの操作性も改善されている。

解像度が抜群の富士フィルムのミラーレス機にムービー性能が格段に強化されたモデルとなったが、それでもユーザーとして改善してほしい点がいくつかある。
このブログ「富士フィルム X-T2の評価と口コミ」ではX-T2の最新情報や撮影を補助するアイテムなどをまとめて紹介する。

これからX-T2を購入する方、すでに購入して撮影を楽しんでいる方のどちらもぜひ読んでほしい。

続きを読む

映像でブランディングするプロの全手法を公開

スポンサーリンク

関連商品

  1. FUJIFILM X-A5

    X-A5の性能は前モデルのX-A3と比較すると感度耐性とAF性能がかなり向上し、4K動画も撮影できるようになっています。 このブログではFUJIFILM X-A5の撮影でおススメのレンズや便利なアイテムの紹介や購入前に知っておきたいX-A5の長所・短所をレビューしてます。

  2. SONY α6300

    ソニーα6300は4K動画を撮影できる小型ミラーレス一眼カメラとして映像制作に携わる方たちからも注目を集めている。α6000の後継機として、どのように進化しているのか?α6000の欠点などを克服しているのか?このブログでは詳しく解説したい。

  3. Panasonic LUMIX DMC-G7

    4K対応のイメージセンサーを搭載し、色鮮やかな画質が魅力である。このカメラの大きな特長は連写モードにある。LUMIXのDMC-G7は、連写モードでも撮影速度が落ちないだけにとどまらない。なんと1秒で30枚の連写が可能なので、一瞬のシャッターチャンスを逃さないのである。

  4. Panasonic LUMIX DMC-G8

    LUMIX DMC-G8はパナソニックのミラーレス一眼カメラでミドルクラスシリーズだ。人気があった前モデルのDMC-G7から機能は大幅に向上したのだが、中でも最も特筆すべき点は動画性能の向上だろう。特にDual I.S.(ボディ内手ブレ補正)が搭載されたおかげでG8は手ブレの心配がほとんどない。

  5. sony α7R

    α7Rは後継機種のα7R Mark2が発売されてからやや価格が下がった感じだ。世界最小、最軽量、高画質の特徴の他にワイヤレス通信機能やピクチャーエフェクトがついており、自由に写真を楽しみながら撮ったその場で、写真をすぐに共有したり保存ができる。

  6. OLYMPUS PEN EPL6

    オリンパスPENは、日本を代表するカメラメーカーであるオリンパス社が製造・販売するカメラシリーズである。オリンパスPENは、1959年にハーフサイズカメラとして登場した。ハーフサイズカメラは、35ミリフィルムの1枚のフィルムを半分使用して撮影を行うカメラである。

ブログ管理人プロフィール

HN:おーとふぉーかす
自己紹介:私は35歳で未経験から映像業界に転職しました。
Works:ビデオグラファー・映像制作・メディア運営
YouTube歴:7年 持ってるアカウントは4つ。そのうち一つが登録者数1万ちょっと。

このブログは動画クリエイターを支援するためのサイトです。カメラや映像機材の紹介を中心に記事を書かせてもらってます。

カメラ本体・カメラ関連アイテムのレビュー依頼も受付いたします。こちらからお問い合わせください。



また、プロの映像クリエイターから映像制作を学べるオンラインスクールを開催していますのでぜひご参加ください。

最近の記事

ページ上部へ戻る