FUJIFILM X-T2

2014年に発売されたFUJIFILM X-T1の後継機 X-T2が2016年9月に発売された。
X-T2は4Kムービー撮影が可能となり、ダイヤルなどの操作性も改善されている。

解像度が抜群の富士フィルムのミラーレス機にムービー性能が格段に強化されたモデルとなったが、それでもユーザーとして改善してほしい点がいくつかある。
このブログ「富士フィルム X-T2の評価と口コミ」ではX-T2の最新情報や撮影を補助するアイテムなどをまとめて紹介する。

これからX-T2を購入する方、すでに購入して撮影を楽しんでいる方のどちらもぜひ読んでほしい。

続きを読む

映像でブランディングするプロの全手法を公開

プロモーションビデオを作れるようになりたいけど、構成やディレクションの方法がよく分からないと悩んでいませんか?
ムービーアカデミーでは
あなたの動画の格をあげ、単価をあげる2つのポイント
1台のカメラで擬似3カメ編集 対談動画のポイント
ドキュメンタリームービーの構成テンプレート
など、実績を上げているプロの映像クリエイターから今すぐに活用できる具体的なテクニックを詳細に解説してもらえます。
ぜひ貴社の動画マーケティングにご活用ください。

詳しく見る

スポンサーリンク

関連商品

  1. Panasonic LUMIX DMC-GF7

    このブログ「LUMIX GF7の評価と口コミ」は2015年2月に発売されたパナソニックのミラーレス一眼カメラ LUMIX GF7のネットでの評価や口コミをもとにLUMIX GF7の最新情報やお役立ち情報をまとめてみた。

  2. Panasonic LUMIX DMC-G7

    4K対応のイメージセンサーを搭載し、色鮮やかな画質が魅力である。このカメラの大きな特長は連写モードにある。LUMIXのDMC-G7は、連写モードでも撮影速度が落ちないだけにとどまらない。なんと1秒で30枚の連写が可能なので、一瞬のシャッターチャンスを逃さないのである。

  3. OLYMPUS PEN Lite E-PL7

    OLYMPUS PEN Lite E-PL7を購入するのなら、OLYMPUS PEN E-PL7 EZダブルズームキットがお勧めだ。本体だけで良いとするケースもあるだろうが、追加でレンズも購入する予定があるのなら買っておいて損はないのがこのE-PL7 EZダブルズームキットである。

  4. OLYMPUS PEN E-PL8

    液晶モニターがカメラの下側に開き、タッチパネル操作が可能で動画もセルフィーモードで利用できる。このブログ オリンパス PEN LITE E-PL8の評価と口コミではPEN LITE E-PL8の最新アクセサリーや実際に使ってみて分かったこのカメラの特長などを解説する。

  5. Sony α6500

    前モデルのα6300にはなかった光学式の5軸手ブレ補正をボディ内に搭載し、さらに解像度とオートフォーカス性能を向上している。α6300では4K動画撮影が可能だったが、4K動画撮影はピントや手ブレがシビアで扱いにくかった。今回のα6500の性能向上で一眼初心者でも4K動画を簡単に撮影できるようになったといっても過言ではない。

  6. OLYMPUS OM-D E-M10 mark2

    オリンパスが販売している「OM-D E-M10 Mark2」は毎日使える小型でスタイリッシュなカメラである。その最大の特長は5軸手ぶれ補正内蔵のため、手ぶれ無しにあらゆるシーンで失敗の少ない一眼品質の写真を取る事が出来ることだ。

ブログ管理人プロフィール

HN:おーとふぉーかす
Works:ビデオグラファー・映像制作・メディア運営
YouTube歴:7年 持ってるアカウントは4つ。そのうち一つが登録者数1万ちょっと。

このブログは動画クリエイターを支援するためのサイトです。カメラや映像機材の紹介を中心に記事を書かせてもらってます。

カメラ本体・カメラ関連アイテムのレビュー依頼も受付いたします。こちらからお問い合わせください。



また、プロの映像クリエイターから映像制作を学べるオンラインスクールを開催していますのでぜひご参加ください。

最近の記事

ページ上部へ戻る