Canon 1D X mark2

EOS-1DX MarkIIは2016年4月に発売されたCanonのフラッグシップモデルの後継機であり、プロのフォトグラファーが憧れるカメラである。

ボディだけで60万円以上するカメラのため、現状それほど普及しているわけではない。
しかしCanon 1DXシリーズはすぐに新型が発売されないので購入しても永く使えるという点もある。

このブログ「Canon EOS1DXmark2の評価と口コミ」ではEOS-1D X MarkIIのユーザーの評価や口コミをもとにEOS-1DX MarkIIの最新情報やお役立ち情報をまとめている。
EOS1DXmark2の購入を検討しているならぜひ一度読んでほしい。

続きを読む

映像でブランディングするプロの全手法を公開

スポンサーリンク

関連商品

  1. Nikon D5500

    NikonD5500は、ニコンの一眼カメラエントリー機とされているが、その性能の良さはネットでも非常に評判が良い。特にユーザーに支持されているのは軽量で扱いやすいことと、タッチパネル液晶が採用されている事だ。液晶パネルでフォーカス移動も可能だ。初心者にとってこんな便利な機能があると一眼レフの使用頻度も高まるに違いない。

  2. PENTAX K-70

    PENTAX K-70は2016年7月に発売された一眼レフカメラだ。全天候型一眼レフという異名の通り、防塵防滴構造と-10℃での動作保証などアウトドアで撮影することが前提のフィールドフォトグラファーに最適のマシンとなっている。

  3. CANON EOS7DMarkⅡ

    CANONのデジタル一眼レフカメラ『EOS 7D Mark II』は、その年の優秀な製品に贈られるカメラグランプリにおいて、権威ある賞をダブル受賞するなど、2015年に発売されたカメラの中で、最も高い評価を得たカメラである。

  4. Canon EOS80D

    このブログ「Canon EOS80Dの評価と口コミ」は2016年3月に発売されたCanon EOS80Dのネットでの評価や口コミをもとにCanon EOS80Dの最新情報やお役立ち情報をまとめてみた。Canon EOS80Dの購入を検討しているならぜひ読んで見て欲しい。

  5. Nikon D500

    D500にはこれまでNikonが培った技術が惜し気もなく投入されている。あらゆる撮影状況を想定し、環境を問わない撮影性能が確保されている。D500は今後、既存のNikonユーザーはもちろん、あらゆる一眼カメラユーザーも憧れるニコンのフラッグシップモデルになるに違いない。

  6. Nikon D7500

    D7500はニコンDXフォーマットの一眼レフカメラだ。有効画素数は2088万画素となっている。4K動画撮影も備えており、最高ISO感度51200を誇る。このブログではD7500ユーザーの情報から得たD7500の良いところ・悪いところも含めてレビューする。購入予定の方はぜひ参考にしてほしい。

ブログ管理人プロフィール

HN:おーとふぉーかす
自己紹介:私は35歳で未経験から映像業界に転職しました。
Works:ビデオグラファー・映像制作・メディア運営
YouTube歴:7年 持ってるアカウントは4つ。そのうち一つが登録者数1万ちょっと。

このブログは動画クリエイターを支援するためのサイトです。カメラや映像機材の紹介を中心に記事を書かせてもらってます。

カメラ本体・カメラ関連アイテムのレビュー依頼も受付いたします。こちらからお問い合わせください。



また、プロの映像クリエイターから映像制作を学べるオンラインスクールを開催していますのでぜひご参加ください。

最近の記事

ページ上部へ戻る