Canon EOS M5

EOS M5はCanonから2016年11月に発売されたミラーレス一眼カメラだ。

解像度2420万画素のCMOSセンサーとEVFが搭載されている。
Canon ミラーレス一眼シリーズのハイエンドタイプとされている。

このブログではCanon EOSM5ユーザーの情報をもとにEOSM5の長所・短所や活用方法、EOSM5と共に使うと便利なアイテムを紹介する。

これからCanon EOSM5を購入する予定ならぜひ参考に読んでほしい。

続きを読む

映像でブランディングするプロの全手法を公開

スポンサーリンク

関連商品

  1. Panasonic LUMIX DMC-G8

    LUMIX DMC-G8はパナソニックのミラーレス一眼カメラでミドルクラスシリーズだ。人気があった前モデルのDMC-G7から機能は大幅に向上したのだが、中でも最も特筆すべき点は動画性能の向上だろう。特にDual I.S.(ボディ内手ブレ補正)が搭載されたおかげでG8は手ブレの心配がほとんどない。

  2. sony α7RⅡ

    ソニーα7R2は、αシリーズ最高峰の性能を誇る高級ミラーレス一眼だ。このブログではソニーα7R2を実際に使っているユーザーから得たα7R2口コミや便利なアイテム情報をまとめて解説した。 ソニーα7R2の購入を検討している人はぜひご覧いただきたい。

  3. OLYMPUS PEN EPL6

    オリンパスPENは、日本を代表するカメラメーカーであるオリンパス社が製造・販売するカメラシリーズである。オリンパスPENは、1959年にハーフサイズカメラとして登場した。ハーフサイズカメラは、35ミリフィルムの1枚のフィルムを半分使用して撮影を行うカメラである。

  4. OLYMPUS OM-D E-M5 mark2

    オリンパスOM-D E-M5 mark2は現在、ユーチューバーに非常に人気の機種だ。多くのユーチューバーが絶賛し、NEX5R並みの支持を得てきていると言える。オリンパスOM-D E-M5 mark2は価格面においてNEX-5Rほど低価格ではない。

  5. Panasonic LUMIX DMC-G7

    4K対応のイメージセンサーを搭載し、色鮮やかな画質が魅力である。このカメラの大きな特長は連写モードにある。LUMIXのDMC-G7は、連写モードでも撮影速度が落ちないだけにとどまらない。なんと1秒で30枚の連写が可能なので、一瞬のシャッターチャンスを逃さないのである。

  6. SIGMA sd Quattro

    APS-Cセンサーを搭載し、有効画素数は2950万画素となっている。シグマ独自開発のFoveonセンサーはAPS-Cサイズで中判クラスの解像度を得られ、sd Quattro上位機種のsd Quattro Hは5100万画素相当の画質で撮影できる。マニアックな機種だが、ネット上の評判はすこぶる良い。

ブログ管理人プロフィール

HN:おーとふぉーかす
自己紹介:私は35歳で未経験から映像業界に転職しました。
Works:ビデオグラファー・映像制作・メディア運営
YouTube歴:7年 持ってるアカウントは4つ。そのうち一つが登録者数1.5万ちょっと。

このブログは動画クリエイターを支援するためのサイトです。カメラや映像機材の紹介を中心に記事を書いています。

動画制作に興味がある方はぜひ読んでみてください!


また、プロの映像クリエイターから映像制作を学べるオンラインスクールを開催していますのでぜひご参加ください。

最近の記事

ページ上部へ戻る