Canon EOS KissX9

一眼レフカメラの中でも最も有名で人気があるのはおそらくEOS Kissでしょう。
EOS KissはCanon一眼レフカメラのエントリーモデルで、低価格ながらも一眼レフカメラの面白さがぎゅっと凝縮されたカメラです。

現在、Canonのフラッグシップ機であるEOS5Dシリーズや1Dシリーズを使ってバリバリ撮影仕事をしている方も、一眼デビューはEOS Kissだったという方は数多いです。

2013年にKiss X7が発売して以来、X8iなどバリアングル液晶や動画撮影機能を重視したモデルが発売されたものの、X7の正統な後継機はこれまで発売されてきませんでした。

X7の後継機はもう出ないのかな?と思っていたら2017年に突然リリースされたX9。

ミラーレス一眼がレンズ交換式カメラの主流となりつつある今、X9はどのような性能を見せつけてくれるのでしょうか?

このブログではKiss X9のメリット・デメリットを詳しく検証してみます。
EOS Kiss X9の購入を検討している方はぜひ読んでみてください。

詳細ページへ

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X9 EF-S18-55 IS STM レンズキット(ブラック)

映像でブランディングするプロの全手法を公開

スポンサーリンク

関連商品

  1. PENTAX KP

    PENTAX KPはAPS-Cサイズのデジタル一眼レフカメラとしてリコーから2017年2月に発売された。販売価格は10万円台。リコーはPENTAX KPを一眼中級モデルとしてリリースしているが、その性能はリコーのフラッグシップ機PENTAX K-1に勝るとも劣らない。

  2. PENTAX K-S2

    ペンタックス K-S2はISO感度は51200まで対応する感度耐性の高いモデルになっており、主に天体や夜景の写真を撮るユーザーに人気が高い。このブログではペンタックス K-S2のユーザーから得たK-S2のメリット・デメリットを詳しく解説する。K-S2の購入を検討している方はぜひ参考にしてみてほしい。

  3. Canon EOS 5D Mark3

    Canon EOS5Dmark3はプロのフォトグラファーのスタンダード機として広く普及されているCanonのフラッグシップ機だ。最近では一眼ムービー機として存在感があり、普及度で言えばEOS1Dシリーズよりも上になる。

  4. Nikon D3400

    D3400は一眼初心者に人気があったD3300の後継機であるが、2416万画素の高画質で一眼中級機と言えるほど性能が良い。しかし、NikonD3400にも欠点はある。このブログではNikonD3400の長所・短所や撮影に便利なアクセサリー・アイテムも紹介する。

  5. Canon EOSKISSX7

    Canon EOS kissx7 は発売して何年も経つのだが、未だに人気が衰えない一眼レフカメラだ。初心者のエントリー機として有名なEOS kissx7だが、その性能の高さと価格に見合わない描写力はこれまでプロ機を扱ってきたフォトグラファーにも人気がある。

  6. Nikon D7200

    Nikon D7200は、フィルムの一眼レフカメラで撮影してきたユーザーに、乗り換え機として非常に人気が高まっている。DXフォーマットで高感度でも低ノイズの撮影ができる上、動画撮影機能も優秀なカメラだ。

ブログ管理人プロフィール

HN:おーとふぉーかす
自己紹介:私は35歳で未経験から映像業界に転職しました。
Works:ビデオグラファー・映像制作・メディア運営
YouTube歴:7年 持ってるアカウントは4つ。そのうち一つが登録者数1万ちょっと。

このブログは動画クリエイターを支援するためのサイトです。カメラや映像機材の紹介を中心に記事を書かせてもらってます。

カメラ本体・カメラ関連アイテムのレビュー依頼も受付いたします。こちらからお問い合わせください。



また、プロの映像クリエイターから映像制作を学べるオンラインスクールを開催していますのでぜひご参加ください。

最近の記事

ページ上部へ戻る