Canon EOS 9000D

EOS9000Dは2017年4月に発売したキヤノンの一眼レフカメラだ。
初心者に人気があったEOS 8000Dの後継機にあたり、EOS KissX9iと同じタイミングで発売している。

しかし初心者用とはいえ、オートフォーカスはすでに発売している中級クラスのEOS 80Dと同等の性能を搭載している。
コストパフォーマンスに優れた高性能な一眼レフカメラと言えるだろう。

このブログではEOS 9000Dの長所・短所を検証する。
また9000Dの撮影に合わせて使うと便利なアイテムを紹介する。EOS 9000Dの購入を検討している方はぜひ読んでみてほしい。

続きを読む

映像でブランディングするプロの全手法を公開

スポンサーリンク

関連商品

  1. Nikon D500

    D500にはこれまでNikonが培った技術が惜し気もなく投入されている。あらゆる撮影状況を想定し、環境を問わない撮影性能が確保されている。D500は今後、既存のNikonユーザーはもちろん、あらゆる一眼カメラユーザーも憧れるニコンのフラッグシップモデルになるに違いない。

  2. Canon PowerShot SX710HS

    キャノンが多くのユーザーの期待にこたえて世に送り出したのが、待望のコンパクトカメラPowerShot SX710HSだ。このブログではキヤノンPowerShot SX710HSのレビューや口コミなど実際に使ったユーザーの意見や評価をまとめてみた。

  3. Canon EOS 5D Mark3

    Canon EOS5Dmark3はプロのフォトグラファーのスタンダード機として広く普及されているCanonのフラッグシップ機だ。最近では一眼ムービー機として存在感があり、普及度で言えばEOS1Dシリーズよりも上になる。

  4. SONYα99II

    ソニーα99II はAマウントの最上位モデルα99の後継モデルとして2016年11月に一新した。解像度は4360万画素となり399点の測距点になる像面位相差オートフォーカスを備えている。また、5軸手ブレ補正も搭載し、Aマウント最強の一眼レフカメラとなったのだ。

  5. Nikon D3400

    D3400は一眼初心者に人気があったD3300の後継機であるが、2416万画素の高画質で一眼中級機と言えるほど性能が良い。しかし、NikonD3400にも欠点はある。このブログではNikonD3400の長所・短所や撮影に便利なアクセサリー・アイテムも紹介する。

  6. CANON EOS7DMarkⅡ

    CANONのデジタル一眼レフカメラ『EOS 7D Mark II』は、その年の優秀な製品に贈られるカメラグランプリにおいて、権威ある賞をダブル受賞するなど、2015年に発売されたカメラの中で、最も高い評価を得たカメラである。

ブログ管理人プロフィール

HN:おーとふぉーかす
自己紹介:私は35歳で未経験から映像業界に転職しました。
Works:ビデオグラファー・映像制作・メディア運営
YouTube歴:7年 持ってるアカウントは4つ。そのうち一つが登録者数1万ちょっと。

このブログは動画クリエイターを支援するためのサイトです。カメラや映像機材の紹介を中心に記事を書かせてもらってます。

カメラ本体・カメラ関連アイテムのレビュー依頼も受付いたします。こちらからお問い合わせください。



また、プロの映像クリエイターから映像制作を学べるオンラインスクールを開催していますのでぜひご参加ください。

最近の記事

ページ上部へ戻る