Canon EOS 6DmarkII

2012年発売以降、キヤノンユーザーに長らく愛されてきたEOS 6Dが5年の月日を経てリニューアルされることになりました。

EOS 6DMarkIIはCanonのフルサイズエントリーモデルという位置づけを継承しながら、どのように更新されたのでしょうか?

ミラーレス一眼が主流になりつつある今、それでも EOS 6DMarkII を選びたくなる理由があります。

ここではEOS 6DMarkIIの良い点はもちろん、あまりよくない点も確認しながら、買うべきカメラなのかどうか検証してみます。

また、EOS6D MarkII と合わせて購入したい交換レンズやアクセサリーも紹介するので、EOS6DMark2の購入を検討している方はもちろん、EOS6D MarkIIユーザーも以下の記事をぜひ読んでみてください。

詳細ページへ

SONY フルサイズミラーレス一眼 α9 ボディ

プロモーション動画のテンプレートを公開します

No.1 マーケッター 神田昌野典先生が絶賛した驚きの動画メソッド

最高峰のドキュメンタリー動画の作り方を丸ごと1本の教材におさめました。
素人でもプロ顔負けのCM・ドキュメンタリー動画を作る「型」を教えます。

詳しく見る

関連商品

  1. PENTAX K-70

    PENTAX K-70は2016年7月に発売された一眼レフカメラだ。全天候型一眼レフという異名の通り、防塵防滴構造と-10℃での動作保証などアウトドアで撮影することが前提のフィールドフォトグラファーに最適のマシンとなっている。

  2. Canon EOS Kiss X80

    EOSには人気のエントリーモデル EOS Kiss X7があるが、それよりもさらに値段が安い価格設定になっている。軽量コンパクトで女性でも軽々持ち運べるほどで、コンデジを買うか?一眼レフを買うか?迷っている方にぴったりのカメラと言えよう。

  3. Nikon D3400

    D3400は一眼初心者に人気があったD3300の後継機であるが、2416万画素の高画質で一眼中級機と言えるほど性能が良い。しかし、NikonD3400にも欠点はある。このブログではNikonD3400の長所・短所や撮影に便利なアクセサリー・アイテムも紹介する。

  4. Nikon D5600

    D5500は一眼レフカメラ初心者に人気のあるモデルだったが、D5600で高感度撮影も可能になっている。バリアングル液晶モニターも搭載しているため、動画撮影機としても人気が出そうだ。このブログではD5600を実際に使っているユーザーのレビューをまとめている。

  5. Nikon D5300

    Nikon D5300はすでに後継機となるD5500が発売されているにもかかわらず、依然として人気のあるモデルだ。2400万画素を超える解像度はいまだに色あせることを感じさせない映りを見せる。カメラ初心者にも扱いやすく、それでいて中級者も満足できる。

  6. Canon EOS 6D

    EOS6Dは発売以降、フルサイズのエントリー機としてその人気は不動のものとなっている。他社からも様々なフルサイズの一眼カメラが発売されたが、今だCanon EOS6Dの存在感は色あせることがない。Canon EOS6Dの購入を検討しているならぜひ読んでみて欲しい。

ブログ管理人プロフィール

HN:おーとふぉーかす
Works:ビデオグラファー・映像制作・メディア運営
YouTube歴:7年 持ってるアカウントは4つ。そのうち一つが登録者数1万ちょっと。

このブログは動画クリエイターを支援するためのサイトです。カメラや映像機材の紹介を中心に記事を書かせてもらってます。

カメラ本体・カメラ関連アイテムのレビュー依頼も受付いたします。こちらからお問い合わせください。



また、プロの映像クリエイターから映像制作を学べるオンラインスクールを開催していますのでぜひご参加ください。

最近の記事

ページ上部へ戻る