Canon EOS 6DmarkII

2012年発売以降、キヤノンユーザーに長らく愛されてきたEOS 6Dが5年の月日を経てリニューアルされることになりました。

EOS 6DMarkIIはCanonのフルサイズエントリーモデルという位置づけを継承しながら、どのように更新されたのでしょうか?

ミラーレス一眼が主流になりつつある今、それでも EOS 6DMarkII を選びたくなる理由があります。

ここではEOS 6DMarkIIの良い点はもちろん、あまりよくない点も確認しながら、買うべきカメラなのかどうか検証してみます。

また、EOS6D MarkII と合わせて購入したい交換レンズやアクセサリーも紹介するので、EOS6DMark2の購入を検討している方はもちろん、EOS6D MarkIIユーザーも以下の記事をぜひ読んでみてください。

詳細ページへ

SONY フルサイズミラーレス一眼 α9 ボディ

映像でブランディングするプロの全手法を公開

スポンサーリンク

関連商品

  1. Canon EOS KissX9

    X7の後継機はもう出ないのかな?と思っていたら2017年に突然リリースされたX9。ミラーレス一眼がレンズ交換式カメラの主流となりつつある今、X9はどのような性能を見せつけてくれるのでしょうか?このブログではKiss X9のメリット・デメリットを詳しく検証してみます。

  2. Canon PowerShot SX710HS

    キャノンが多くのユーザーの期待にこたえて世に送り出したのが、待望のコンパクトカメラPowerShot SX710HSだ。このブログではキヤノンPowerShot SX710HSのレビューや口コミなど実際に使ったユーザーの意見や評価をまとめてみた。

  3. Canon EOS 5D Mark3

    Canon EOS5Dmark3はプロのフォトグラファーのスタンダード機として広く普及されているCanonのフラッグシップ機だ。最近では一眼ムービー機として存在感があり、普及度で言えばEOS1Dシリーズよりも上になる。

  4. Nikon D3400

    D3400は一眼初心者に人気があったD3300の後継機であるが、2416万画素の高画質で一眼中級機と言えるほど性能が良い。しかし、NikonD3400にも欠点はある。このブログではNikonD3400の長所・短所や撮影に便利なアクセサリー・アイテムも紹介する。

  5. Canon EOS Kiss X80

    EOSには人気のエントリーモデル EOS Kiss X7があるが、それよりもさらに値段が安い価格設定になっている。軽量コンパクトで女性でも軽々持ち運べるほどで、コンデジを買うか?一眼レフを買うか?迷っている方にぴったりのカメラと言えよう。

  6. PENTAX K-70

    PENTAX K-70は2016年7月に発売された一眼レフカメラだ。全天候型一眼レフという異名の通り、防塵防滴構造と-10℃での動作保証などアウトドアで撮影することが前提のフィールドフォトグラファーに最適のマシンとなっている。

ブログ管理人プロフィール

HN:おーとふぉーかす
自己紹介:私は35歳で未経験から映像業界に転職しました。
Works:ビデオグラファー・映像制作・メディア運営
YouTube歴:7年 持ってるアカウントは4つ。そのうち一つが登録者数1万ちょっと。

このブログは動画クリエイターを支援するためのサイトです。カメラや映像機材の紹介を中心に記事を書かせてもらってます。

カメラ本体・カメラ関連アイテムのレビュー依頼も受付いたします。こちらからお問い合わせください。



また、プロの映像クリエイターから映像制作を学べるオンラインスクールを開催していますのでぜひご参加ください。

最近の記事

ページ上部へ戻る