Canon EOS 6DmarkII

2012年発売以降、キヤノンユーザーに長らく愛されてきたEOS 6Dが5年の月日を経てリニューアルされることになりました。

EOS 6DMarkIIはCanonのフルサイズエントリーモデルという位置づけを継承しながら、どのように更新されたのでしょうか?

ミラーレス一眼が主流になりつつある今、それでも EOS 6DMarkII を選びたくなる理由があります。

ここではEOS 6DMarkIIの良い点はもちろん、あまりよくない点も確認しながら、買うべきカメラなのかどうか検証してみます。

また、EOS6D MarkII と合わせて購入したい交換レンズやアクセサリーも紹介するので、EOS6DMark2の購入を検討している方はもちろん、EOS6D MarkIIユーザーも以下の記事をぜひ読んでみてください。

詳細ページへ

SONY フルサイズミラーレス一眼 α9 ボディ

映像でブランディングするプロの全手法を公開

スポンサーリンク

関連商品

  1. NikonD850

    有効画素数4575万画素のイメージセンサーを搭載し、連写性能が秒間9コマとD810から大幅に向上しています。 D850の競合機種と比較して遜色ない性能となっているのか? このブログではNikonD850がD810からどのようにバージョンアップしたのか?長所・短所など検証します。

  2. Canon EOS KissX9

    X7の後継機はもう出ないのかな?と思っていたら2017年に突然リリースされたX9。ミラーレス一眼がレンズ交換式カメラの主流となりつつある今、X9はどのような性能を見せつけてくれるのでしょうか?このブログではKiss X9のメリット・デメリットを詳しく検証してみます。

  3. Canon EOS Kiss X80

    EOSには人気のエントリーモデル EOS Kiss X7があるが、それよりもさらに値段が安い価格設定になっている。軽量コンパクトで女性でも軽々持ち運べるほどで、コンデジを買うか?一眼レフを買うか?迷っている方にぴったりのカメラと言えよう。

  4. Canon EOS 6D

    EOS6Dは発売以降、フルサイズのエントリー機としてその人気は不動のものとなっている。他社からも様々なフルサイズの一眼カメラが発売されたが、今だCanon EOS6Dの存在感は色あせることがない。Canon EOS6Dの購入を検討しているならぜひ読んでみて欲しい。

  5. PENTAX KP

    PENTAX KPはAPS-Cサイズのデジタル一眼レフカメラとしてリコーから2017年2月に発売された。販売価格は10万円台。リコーはPENTAX KPを一眼中級モデルとしてリリースしているが、その性能はリコーのフラッグシップ機PENTAX K-1に勝るとも劣らない。

  6. Nikon D7500

    D7500はニコンDXフォーマットの一眼レフカメラだ。有効画素数は2088万画素となっている。4K動画撮影も備えており、最高ISO感度51200を誇る。このブログではD7500ユーザーの情報から得たD7500の良いところ・悪いところも含めてレビューする。購入予定の方はぜひ参考にしてほしい。

ブログ管理人プロフィール

HN:おーとふぉーかす
自己紹介:私は35歳で未経験から映像業界に転職しました。
Works:ビデオグラファー・映像制作・メディア運営
YouTube歴:7年 持ってるアカウントは4つ。そのうち一つが登録者数1万ちょっと。

このブログは動画クリエイターを支援するためのサイトです。カメラや映像機材の紹介を中心に記事を書かせてもらってます。

カメラ本体・カメラ関連アイテムのレビュー依頼も受付いたします。こちらからお問い合わせください。



また、プロの映像クリエイターから映像制作を学べるオンラインスクールを開催していますのでぜひご参加ください。

最近の記事

ページ上部へ戻る