Canon EOS 6DmarkII

2012年発売以降、キヤノンユーザーに長らく愛されてきたEOS 6Dが5年の月日を経てリニューアルされることになりました。

EOS 6DMarkIIはCanonのフルサイズエントリーモデルという位置づけを継承しながら、どのように更新されたのでしょうか?

ミラーレス一眼が主流になりつつある今、それでも EOS 6DMarkII を選びたくなる理由があります。

ここではEOS 6DMarkIIの良い点はもちろん、あまりよくない点も確認しながら、買うべきカメラなのかどうか検証してみます。

また、EOS6D MarkII と合わせて購入したい交換レンズやアクセサリーも紹介するので、EOS6DMark2の購入を検討している方はもちろん、EOS6D MarkIIユーザーも以下の記事をぜひ読んでみてください。

詳細ページへ

SONY フルサイズミラーレス一眼 α9 ボディ

映像でブランディングするプロの全手法を公開

スポンサーリンク

関連商品

  1. Canon EOSkissX9i

    人気のKissシリーズ X8iの後継モデルとなっているが、いったいどのような点で機能が向上しているのだろうか?ミラーレス一眼カメラの勢いが強い今、Canon EOSkissX9iは一眼レフカメラが好きな私たちにどんな喜びをもたらしてくれるのだろうか。

  2. Canon EOS 8000D

    EOS8000Dは一眼レフカメラのエントリー機として人気が高い。おなじくエントリー機 EOS kiss x8i やEOS kiss x7 があるが、もしエントリー機とはいえども操作になれて来たら積極的にマニュアルで一眼カメラを操作したいと考えているユーザーにEOS8000Dは最適だ。

  3. PENTAX K-1

    PENTAX K-1はこれまでAPS-Cサイズのセンサーを搭載したデジタル一眼レフカメラしか販売してこなかったPENTAXが満を持して発売したフルサイズセンサー搭載の一眼レフカメラだ。ペンタックスユーザーにとって待ちに待ったカメラと言え、その性能の高さは実に評判が高い。

  4. Nikon D5600

    D5500は一眼レフカメラ初心者に人気のあるモデルだったが、D5600で高感度撮影も可能になっている。バリアングル液晶モニターも搭載しているため、動画撮影機としても人気が出そうだ。このブログではD5600を実際に使っているユーザーのレビューをまとめている。

  5. Nikon D3300

    NikonD3300はニコンの一眼レフ初心者用として比較的安い価格で販売されているが、その性能は価格と見合わないほど高性能だ。画素数は2416万画素でローパスフィルターレスを採用し、解像度を高めている。

  6. Nikon D750

    D750はニコンフルサイズのFXフォーマットカメラだ。4K動画も撮影できる。ネットでも「バランスが非常に良いカメラ」・「撮影しやすいカメラ」として、一眼ユーザーのみならず、初心者にもオススメとされている。しかし欠点も少なからずある。

ブログ管理人プロフィール

HN:おーとふぉーかす
Works:ビデオグラファー・映像制作・メディア運営
YouTube歴:7年 持ってるアカウントは4つ。そのうち一つが登録者数1万ちょっと。

このブログは動画クリエイターを支援するためのサイトです。カメラや映像機材の紹介を中心に記事を書かせてもらってます。

カメラ本体・カメラ関連アイテムのレビュー依頼も受付いたします。こちらからお問い合わせください。



また、プロの映像クリエイターから映像制作を学べるオンラインスクールを開催していますのでぜひご参加ください。

最近の記事

ページ上部へ戻る