Canon EOS 6D

このブログ「Canon EOS6Dの評価と口コミ」は2012年2月に発売したCanonの一眼レフカメラ EOS6Dの最新情報やお役立ち情報をまとめている。

EOS6Dは発売以降、フルサイズのエントリー機としてその人気は不動のものとなっている。
他社からも様々なフルサイズの一眼カメラが発売されたが、今だCanon EOS6Dの存在感は色あせることがない。

Canon EOS6Dの購入を検討しているならぜひ読んでみて欲しい。

続きを読む

映像でブランディングするプロの全手法を公開

スポンサーリンク

関連商品

  1. Nikon D7500

    D7500はニコンDXフォーマットの一眼レフカメラだ。有効画素数は2088万画素となっている。4K動画撮影も備えており、最高ISO感度51200を誇る。このブログではD7500ユーザーの情報から得たD7500の良いところ・悪いところも含めてレビューする。購入予定の方はぜひ参考にしてほしい。

  2. SONYα99II

    ソニーα99II はAマウントの最上位モデルα99の後継モデルとして2016年11月に一新した。解像度は4360万画素となり399点の測距点になる像面位相差オートフォーカスを備えている。また、5軸手ブレ補正も搭載し、Aマウント最強の一眼レフカメラとなったのだ。

  3. Nikon D810

    ニコン史上最高画質を誇り、フルHDでノイズが少ない動画撮影も可能だ。D810はニコン最高機種にもかかわらずEOS5Dシリーズよりも安価で多くのファンを獲得している。万能で最強の一眼カメラだが、その機能には欠点がないわけではない。

  4. Nikon D750

    D750はニコンフルサイズのFXフォーマットカメラだ。4K動画も撮影できる。ネットでも「バランスが非常に良いカメラ」・「撮影しやすいカメラ」として、一眼ユーザーのみならず、初心者にもオススメとされている。しかし欠点も少なからずある。

  5. NikonD850

    有効画素数4575万画素のイメージセンサーを搭載し、連写性能が秒間9コマとD810から大幅に向上しています。 D850の競合機種と比較して遜色ない性能となっているのか? このブログではNikonD850がD810からどのようにバージョンアップしたのか?長所・短所など検証します。

  6. Canon EOSKISSX8i

    Canon EOS kiss X8iはCanonの一眼レフカメラエントリーモデルとしてとても人気があるモデルだ。特にバリアングル液晶モニターを備え、自撮りができるエントリー一眼機として評判が良い。ただ、欠点もある。このブログではEOS kiss X8iを徹底解剖しているので、ぜひ読んでみてほしい。

ブログ管理人プロフィール

HN:おーとふぉーかす
自己紹介:私は35歳で未経験から映像業界に転職しました。
Works:ビデオグラファー・映像制作・メディア運営
YouTube歴:7年 持ってるアカウントは4つ。そのうち一つが登録者数1.5万ちょっと。

このブログは動画クリエイターを支援するためのサイトです。カメラや映像機材の紹介を中心に記事を書いています。

動画制作に興味がある方はぜひ読んでみてください!


また、プロの映像クリエイターから映像制作を学べるオンラインスクールを開催していますのでぜひご参加ください。

最近の記事

ページ上部へ戻る