この記事は2018/11/5に更新しました。

オリンパスPENの特長とワンタッチWBの操作方法

PEN E-PL7

 

オリンパスPENは高性能なレンズ交換式ミラーレス一眼カメラだ。

 

オリンパスPENは写真データをスマートフォンからシェアできる機能や5軸対応ボディー内手ぶれ補正、ミラーレス一眼初の1/8000秒高速メカニカルシャッターといった高性能な機能も搭載している。

 

OLYMPUS PEN E-PL7 EZダブルズームキット ブラック

ちなみに撮影時にホワイトバランスを設定したことがあるだろうか?

 

ほとんどのカメラでは自動でホワイトバランスの調整をしてくれる。
多くの場合、ホワイトバランスはオートで撮影しても問題はない。

 

だが、一歩抜きんでるための撮影をしたいのであれば、ホワイトバランスをマニュアルで設定してみるのをお薦めする。
オリンパスPENももちろんホワイトバランスを手動で設定できる。

 

しかもオリンパスPENにはワンタッチホワイトバランスという便利な機能が搭載されているのだ。

 

微妙な色合い表現の幅を広げることができるホワイトバランス設定

 

まずホワイトバランスとは何なのかを説明しよう。

引用 オリンパス デジタルカメラの基礎知識

 

人の眼は、被写体に当たる光源の種類が太陽光、電球、蛍光灯とそれぞれ異なっていたとしても、白い色は白と認識できる。

 

が、しかしカメラのモニター(ファインダー内)では青っぽく写っていたり、赤っぽく写っている場合がある。
この色合いの違いを色温度(K ケルビン)という単位で表す。

 


光源の色合いは、色温度で表されます。
色温度とは、光の色を数値で表したもの ( 単位:K ケルビン ) で、光源自体の温度ではなく、光の色を人間の目に見える感覚に置き換えて表した数値のことです。
一般的に昼間の太陽光は 5500K、白熱電球は 3500~3000K などといわれています。色温度が高いと青っぽく見え、低いと赤っぽく見えます。

 

引用 オリンパス デジタルカメラの基礎知識

 

撮影時、照明の具合や撮影状況によって色味が変わる。
この色味を自然な色味に調整できるのがホワイトバランスだ。

 

もしホワイトバランスをマニュアルで設定する場合は上の写真のように撮影現場で白の紙にカメラを向けて行う。

 

PENには「晴」「曇」などの標準的な光源モードを撮影環境に合わせてユーザーが選択するプリセットWBもある。
そしてさらにPENのワンタッチWBにより、では調整しきれない微妙な色合いを設定できる。

 

操作方法は、まず撮影する光源で照らされた無彩色の紙(主に白紙、可能なら18%グレー用紙)にカメラを向けてワンタッチWBのボタンを押す。

 

そこで適切な測定ができるとワンタッチWBの登録画面が表示されるので、登録ボタンを押す。

 

すると実際の新たなホワイトバランスをプリセットWBのひとつとしてカメラに記憶させることができるのだ。

 

オリンパスPEN Liteマニュアル本はこれ一冊でOK オススメ。

 

フルオートでもきれいに撮れるのが魅力のオリンパスPENだが、さらにもうワンランク上の撮影をしたいならオリンパス撮り方ハンドブックがオススメだ。

 

Kindle版で1000円ちょっとで読むことができる。初心者にはとても役に立つ内容だ。

 

オリンパス PEN Lite & mini 撮り方ハンディブック

 

トップへ戻る