この記事は2018/11/5に更新しました。

オリンパスPENユーザー必見!プロのストラップの通し方

カメラストラップの通し方には実は色々な方法があるのをご存じだろうか?

 

オリンパスPEN LITEでは、プロカメラマンがよく使うストラップの通し方がオススメだ。
ちなみにプロのストラップの結び方を通称プロスト結びと呼ばれている。

 

この動画ではプロスト結びの方法を解説してくれている。
ぜひ一度視聴してみよう。

 

オリンパスPEN LITEに同梱されている標準ストラップには、あらかじめ、紐の両端に2口の止め具とリングが1つずつ付いている。

 

2口の止め具には紐が通されている状態、リングにはリングが落ちてしまわないように一度紐を通した後、先端をリングに巻きこむ状態で入っている。

 

まず、巻き込んだ状態の先端だけをリングから外し、すぐにカメラに取り付けられるようにしておく。

 

次にカメラ本体の取り付け部の輪になった部分に外側から紐をくぐらせるように通し、先端を元のリングに戻す。

 

 

画像引用:オリンパスPEN LITE E-PL6 取扱説明書から抜粋

 

2口の止め具の紐を真ん中で手で大きく引っ張り出して緩めたら、リングに戻した紐の先端を、止め具の上の穴の内側に差し込み下の穴の内側から引き出す。

 

下の穴から紐の先端を十分引き出せたら、緩めていた止め具の紐を上方向にぎゅっとピンと張るまで引っ張りしっかりと固定する。
このように、カメラの両側にストラップを取り付けたら、最後に少し強めに引っ張り、抜けてしまわないか確認して終了である。

 

この通し方では、紐の先端が外に出ることが無い為、外れにくく見栄えも良い。初級者から上級者まで多くの方から愛されている方法である。

 

プロスト結び、報道結び、ニコン巻きと様々な呼び方で知られているが、何のことはないほとんどのカメラの取り扱い説明書にこの結び方は記載されている。

 

ストラップを頻繁に取り外すユーザーにオススメのアイテム

実は私はプロスト結びをしていない。
その理由はストラップを頻繁に取り外すからだ。

 

カメラからストラップを頻繁に取り外す人にオススメなのがこのようなキーホルダー式の金具だ。

 

 

カメラストラップを補助する器具として知名度が高いアイテムがC-Loop 回転ストラップマウントだ。

 

回転ストラップマウントの特長

カメラの三脚穴に装着し、逆さに吊り下げて使用する。カメラとレンズを体に密着させることができる。工具不要でカンタン脱着、ストラップが不要なときには素早く取り外せる。

C-Loop 回転ストラップマウント

 

ストラップを簡単に脱着できる

ストラップは付属しません

360度回転し、ストラップの絡まりを防ぐ

 

トップへ戻る