この記事は2018/11/5に更新しました。

オリンパスPEN WIFI接続対応機種

カメラとスマートフォンの接続方法として、最も手軽な方法は、カメラにWi-fi通信機能が内蔵されていることである。

 

オリンパスPENシリーズでは、E-PL5とE-PL7がWi-fi通信機能内蔵の機種である。

 

OLYMPUS PEN E-PL7 EZダブルズームキット ブラック ミラーレス一眼 E-PL7 EZ DZKIT BLK OLYMPUS ミラーレス一眼 PEN Lite E-PL5

PEN E-PL7

OLYMPUS PEN E-PL7 EZダブルズームキット のAmazonの価格と口コミを調べる

PEN Lite E-PL5

OLYMPUS ミラーレス一眼 PEN Lite E-PL5 のAmazonの価格と口コミを調べる

 

E-PL6は残念ながらWi-fi通信機能を内蔵していない。

 

Wi-fi機能があれば、撮影した写真をSNSに投稿したり、スマホのデータ通信を生かしてファイルストレージに保管することも出来る。

 

WiFiでスマホとカメラを連携するメリット

 

 

この動画ではデジカメらのWi-fi転送の活用方法を解説してくれている。
Wi-fi機能を使ったことがなければぜひ一度見てみよう。

 

写真データの共有・保存がカンタン

例えばGoogleフォト。
無料で写真を無制限に保存できる。1600万画素までの写真と1080pまでの動画を無制限に保存できるのだ。
やり方は無料で写真を無制限に保存できる「Googleフォト」を活用する技を参考にしてほしい。
撮影してすぐにGoogleフォトスマホ本体に写真データを保存するのではなく、Googleのクラウドストレージに保存されるためスマホの容量を食わないのだ。

 

そのため用途によって一眼レフカメラとスマートフォン接続を出来ることは非常にメリットの大きいことである。

 

WiFi機能があればスマホでカメラをリモート撮影できる

また上記2機種はこのWIFI機能を生かして、データ転送以外にもスマートフォンを使用してリモート撮影を行うことが出来る。
もちろんただシャッターを切るだけではなく、セルフタイマーの設定や連写、動画撮影、インターバル撮影なども行える便利な機能だ。

 

オリンパスPENでスマホにWIFI接続する方法とメリット まとめ

Wi-fi通信機能が内蔵されていない他の機種(E-PL6など)の場合は、リモート撮影が機能的に出来ない。
しかしスマートフォン接続自体は、データ転送機能が備わったSDカード「flashair」を使用することで可能となる。

 

TOSHIBA 無線LAN搭載 FlashAir SDHCカード 32GB Class10 日本製

これからオリンパスpenの購入を検討している場合は、撮影する目的によってはスマートフォン接続の容易なWi-fi内蔵機種にするかを決めてみてはいかがだろうか。

 

flashairについては過去のエントリー「flashair」オリンパスPENを使うならオススメのSDカードも合わせて読んでほしい。

 

トップへ戻る