この記事は2018/11/5に更新しました。

オリンパスpenのカメラ用アクセサリー「防水ハウジング」

PEN Lite E-PL6

オリンパスの「PENシリーズ」は、1959年にハーフサイズのカメラとして発売されて以来、派生機種や後継機が作成されてシリーズ化したカメラである。
現在はフィルムカメラの販売が終了して、デジタルカメラが主流となっている。

 

上質で先進性を極めたオリンパスPEN LITEは、レンズ交換式のミラーレス一眼カメラとしてマイクロフォーサーズシステム規格を採用しており、交換レンズにはM.ズイコーデジタルレンズシリーズを展開している。

 

またデジタル一眼カメラ用アクセサリーとして、防水プロテクター(水中ハウジング)やレンズ用防水プロテクター、防水延長リングや外部フラッシュ用の防水プロテクターなどが販売されている。

 

OLYMPUS 防水プロテクター PEN E-PL5,6用 PT-EP10

水中撮影でオリンパスPEN LITEが有利な理由

実はオリンパスはPEN LITEに対応する防水プロテクターのアクセサリーをたくさん用意している。

 

防水プロテクターのPT-EP10は水深45メートル以内の水圧に許容できる防水プロテクターだ。
水中ハウジングを着用すると、水中写真を手軽に楽しむことができる。

 

PEN LITEシリーズのカメラはレンズポート先端に水中マクロコンバージョンレンズやワイドコンバージョンレンズを装着することもできるため、マクロ撮影もワイド撮影も可能である。

 

水中マクロコンバージョンレンズ

 

防水ハウジングは同梱のディフェーザーを使えば、リムーバブルフラッシュを装着して水中の岩陰などに潜む小さな生物を明るく映し出すことも可能である。

 

ワイドコンバージョンレンズ

 

また水中の色味を自動的に検出する水中ホワイトバランス機能も備わっている。

 

トップへ戻る