この記事は2018/11/5に更新しました。

オリンパスPENを使いこなすための画質モード設定と基礎知識

PEN Lite E-PL6

 

オリンパスPEN E-PL6は、デジタルミラーレス一眼レフで、小型軽量が特長である。

 

そして、撮影データの保存方法には、RAWモードとJPEGモードの2種類から選べるのだ。

 

 

オリンパスPEN E-PL6 Wズームレンズキット

RAWモードで最高画質保存ができる!オリンパスPEN E-PL6

RAWモードは、オリンパスPEN LITEに限らず、一眼レフなどの高級機にはよくある独自の規格で画像の生データを保存する方式である。
このRAWモードは、撮影データを改変せずにそのまま保存するため、データ容量が大きくなり、かつ、実際に撮影画像を見るためには専用ソフトなどで加工する必要がある。

 

ネットショップやSNSにはJPEGモードが最適!PEN E-PL6の豊富な画質モード

一方、JPEGモードは、デジタルカメラ全般に使われているデータの保存方式である。
オリンパスPEN LITEの場合には、多くの画質モードから画像サイズや圧縮率が選択できるのである。

 

例えば、画像サイズは、4608×3456ピクセルから640×480ピクセルまで8段階から選べる。
よりきれいな画像として保存したい場合には、SF(スーパーファイン)という圧縮率の低いモードを選ぶ。

 

圧縮率を高圧縮にすればファイル容量を少なくすることができる。
SNSやブログ・サイトにアップロードする写真であれば、サイズ容量をなるべく小さくしてたくさん撮影したいはずだ。

 

そんな場合はベーシックモードを選択すればよい。
圧縮率はベーシックモードまで4段階の設定ができる。

 

参考画像:オリンパス 「画質モード別圧縮率・画像サイズ一覧表 1/4」から引用・抜粋

動画のサイズもたくさん選べる!オリンパスPEN LITE E-PL6

さらに動画撮影をするときのモードは、ピクセルサイズが大きい高画質のフルハイビジョンから640×480ピクセルのSDモードまで6段階の設定ができる。

 

 

参考:オリンパスPEN LITE E-PL6 主な仕様 (上記画像は引用)

 

フルハイビジョンで撮影する場合はなるべく大容量の記録メディア(SDカード)を用意しよう。
64Gあれば安心だ。

 

一般的なSDカードであればAmazon限定で販売しているトランセンドのSDカードはお買い得となっている。

 

【Amazon.co.jp限定】Transcend SDXCカード 64GB Class10

オリンパスPENを使いこなすための画質モード設定と基礎知識 まとめ

オリンパスPEN LITE EPL-6は高画質から低画質まで、データの出力の範囲・種類は非常に豊富と言える。

 

後々パソコンや外付けのハードディスクで保存・管理するのであれば高画質なデータで保存するほうが安心だろう。

 

しかし、すぐにフェイスブックに写真をアップしたり、スマホのアプリで動画を編集したいのであれば、保存データはなるべく小さいほうが良い。

 

オリンパスPEN LITEを使いこなしてぜひ素敵な写真・映像を撮影・創作してみてほしい。

 

オリンパスPEN E-PL6 Wズームレンズキット

 

トップへ戻る