この記事は2018/11/5に更新しました。

オリンパスPEN Liteで花火を撮る!バルブ撮影のポイント

PEN Lite E-PL6

オリンパスPENは、オリンパスが製造、販売するカメラであり、またはそのシリーズも様々と造られている。
1959年初めてハーフカメラサイズとして販売され、以降一眼レフカメラなど手がけたが現在はデジタルカメラのシリーズのみを製造販売している。

 

オリンパスPEN lite E-PL6にはバルブ撮影というものがあり、撮影に際してバルブ設定が必要となる。

 

バルブ撮影とは1秒よりも長いシャッタースピードの時、たとえばシャッターボタンを押したままの状態のときシャッターがずっと開いている時のことである。

 

オリンパス PEN LITE E-PL6 ダブルズームキット

花火や星の撮影に使えるバルブモード(Bモード)の特徴と使いどころ

この動画ではバルブモードの使いどころと特徴を解説してくれているのでぜひ視聴してみよう。

 

どういうときにバルブ撮影を使用するのかというと、暗い時や、うす暗い時などのカメラに取り込む光量が少ない時である。

 

よく利用されるのが、花火の撮影、星の動き、月の動く様を線のように写すときである。

花火撮影で必ず準備したい2アイテム

 

バルブ撮影の際に必要な撮影アイテムが三脚とリレーズだ。カメラを三脚で固定し、リレーズでシャッター設定を行いシャッターを開けてる時間を設定する。

 

コスパ最強 Amazon人気No.1 Velbon 三脚 レバー式 EX-440N 4段

 

花火撮影に必須アイテム レリーズ

 

レリーズはカメラのシャッターを遠隔で操作するアイテムだ。

 

花火や夜景を撮影する場合は、押したままでシャッター開放状態に保つ機能がついている製品を選ぶ必要がある。

 

OLYMPUS リモートケーブル RM-UC1

 

トップへ戻る