この記事は2018/11/5に更新しました。

PEN E-PL7の超望遠レンズ ED 75-300mm は買いか?

ED 75-300mm F4.8-6.7

 

OLYMPUS PEN Lite E-PL7の望遠レンズといえば、M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7 IIが有名だ。

 

ただ一般的な写真を撮る上では望遠レンズは必ずしも必要ではないだろう。

 

しかし、OLYMPUS PEN Lite E-PL7でカワセミ等の野鳥や鉄道写真、運動会で遠くの人物を撮影するときには望遠レンズが必須となる。

 

実はこのエントリーで紹介するM.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7 IIがタダモノではないのである。

 

OLYMPUS 超望遠ズームレンズ M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7 II

この動画は.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7 IIが2013年に開催されたCP+で発売開始された時の紹介だ。
レンズの特長が良くわかるのでぜひ視聴してみよう。

 

超望遠レンズとして有名なED 75-300mmはカメラ好きには有名なレンズだ。なにが有名なのかと言うと、そのスペックの優秀さである。

 

35mmフィルム換算にして150から600mmという焦点距離になるのだが、一般的なものだとかなりの大きさと重さになってしまう。

 

しかし、ED 75-300mmはそのコンパクトさ、軽量さともに驚きのスペックなのだ。

 

大きさとしては、ほぼ缶ビールほどの大きさで重さはなんと500gを切っている。
この望遠レンズとしての機能から考えれば、本当にコンパクトに作られていると言える。

 

超望遠レンズを使いたくても、重さや大きさがネックとなって使わなかったというケースも多いだろう。
プロでもないのだからと諦めていたアングルが、このED 75-300mm1つで実現できる。

 

_6210033

 

写真は flickr M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7 II 作品から引用しています

 

さらに言えば、その価格もお手頃なのも見逃せないポイントだ。

 

望遠レンズで軽量コンパクト、となると気になるのがその画質だ。
手ブレも大きいんじゃと不安に思っても仕方がないのだが、その点も安心して欲しい。

 

OLYMPUS PEN Lite E-PL7ならボディ側に手ブレ補正もあるので、しっかりと対応してくれる。
画質にしてもシャープで、一瞬一瞬を切り取るような一コマを撮ることができるだろう。

 

OLYMPUS 超望遠ズームレンズ M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7 II

 

>>オリンパス E-PL7の評価と口コミ 目次ページに戻る<<

 

トップへ戻る