エントリー

  1. プレミアのプロキシ編集を解説 低スペックPCでも4K編集OK!

    4K動画編集はハイスペックなパソコンが必要だと思われていますが、プロキシ編集で低スペックのパソコンでも編集できるのはご存知でしょうか。ここではPremiere Proで4Kプロキシ編集の流れとプロキシ編集のメリット・デメリット解説します。

    続きを読む
  2. 動画編集用パソコンで最適な液晶モニターの選び方

    動画編集用パソコンで最適な液晶モニターの選び方

    動画編集ではパソコンのスペックに注視しがちですが、それと共に使う液晶モニターも十分検討するべき項目です。ここでは動画編集に最適な液晶モニターの選び方を考えるときに注意したいことについて解説します。

    続きを読む
  3. 動画編集用パソコンとゲーム用パソコンの違いとはなにか?

    動画編集用パソコンとゲーム用パソコンの違いとはなにか?

    パソコンをゲーム用として利用しているなら、ヘビーユーザーになるほどに、高スペックを求めるでしょう。動画編集を目的としたユーザーも同様ですね。では、動画編集用パソコンとゲーム用パソコンの違いとはなんでしょうか?このエントリーでは、この二つの違いを検証していきましょう。

    続きを読む
  4. EIZO EX-3で液晶モニターをキャリブレーションしてみたよ!

    プロ用の液晶モニターにはEIZOのカラーマネージメントディスプレイが有名です。私もEIZOのモニターを使っていますが、1年ほどキャリブレーションを全く行わずに使っており、なんだかちょっとモニターが暗くなってきた感じがしてきたので、キャリブレーションセンサーを購入してみました。このエントリーではEIZOのモニターをEX-3で実際にキャリブレーションしてみます。

    続きを読む
  5. EDIUSでオススメの動画編集用パソコンとは?

    動画編集でEDIUSを使うならパソコンはどんなスペックが良い?

    動画編集で使われているソフトにEDIUSがあります。比較的安価なライセンス料金と低スペックのパソコンでもサクサク作業できることで評判の良いアプリです。ここではEDIUSを快適に操作するためのオススメな動画編集用パソコンをご紹介します。

    続きを読む
  6. 未経験者が映像業界に転職するコツと失敗しない方法

    映像業界は慢性的に人手不足な業界でもあります。そのため正社員枠だけでなくアルバイトの採用も行っています。未経験者が映像業界に転職する最短経路がこれでしょう。

    続きを読む
  7. 映像業界の転職・求人で「未経験でも可」が多いのはなぜ?

    映像業界の転職サイトでよく見かけるのが「未経験でも可」という言葉です。映像会社っていったいどのぐらいのスキルを未経験者に求めているのでしょうか?

    続きを読む
  8. 【転職前に知っておきたい】映像業界に向かない人7つの特徴

    映像業界に入る前に、「そもそも映像の仕事って自分に合っているの?」と不安に思われている人もいるのではないでしょうか。ここでは私本人の経験と今までに映像会社で出会った方たちやフリーの映像クリエイターとして活躍されている方の特長などから、どんな人が映像業界で仕事をするのに向いているか書いてみました。

    続きを読む
  9. カメラマンは未経験のアルバイトからでも始められるって本当?

    将来カメラマンとして活躍したいなら、まずはカメラマンとしての経験を積無必要があります。まれに実務経験がなくてもカメラマンとして注目される人もいますが、そんな希少な人はほんの一握りです。カメラマンの仕事内容は写真や動画を撮影する仕事になりますが、中にはカメラの撮影のみ、動画の撮影のみに専念している人もいます。また、会社の専属カメラマンや、フリーのカメラマンとして活躍している人います。

    続きを読む
  10. 映像業界で正社員として登用されるための求人探しのコツ

    今も昔も高い人気を誇る仕事のひとつに、映像業界に関するものがあります。テレビやインターネットなどでよく目にする映像を企画したり、制作したりするお仕事ですね。今回は映像の業界に興味ある方のために、正社員で登用されるための求人探しについて触れていきましょう。

    続きを読む

ブログ管理人プロフィール

HN:おーとふぉーかす
自己紹介:私は35歳で未経験から映像業界に転職しました。
Works:動画制作・ブロガー
YouTube歴:7年 持ってるアカウントは4つ。そのうち一つが登録者数1.6万ちょっと。

このブログは動画クリエイターを支援するためのサイトです。カメラや映像機材の紹介を中心に記事を書いています。

動画制作に興味がある方はぜひ読んでみてください!

ページ上部へ戻る