10万円以内のおすすめ動画編集用ノートパソコン


動画編集をするなら、本当は拡張性が高いデスクトップをオススメしたいところです。

しかし、部屋が狭くてデスクトップPCを置く場所がない。または撮影してすぐに編集がしたい(する必要がある)という意見もあるでしょう。

BTOパソコンショップでは動画編集用ノートパソコンが用意されています。

そのなかでも10万円以内で購入できる動画編集用ノートPCはあるのでしょうか?

そしてそのPCはどの程度の処理能力があるのでしょうか?

ここでは10万円以内で購入できる動画クリエイター向けオススメノート型パソコンを紹介しましょう。

低価格なノートパソコンでcore i7を見つけるコツ

PCを動画編集で使う場合、パソコンの頭脳となるCPUは性能が高いものを用意する必要があります。

大きなデータをノートパソコンで扱う作業となることから、高性能はもとより消費電力も念頭に置きながら選ぶことが大切です。

4K動画を扱うのが当たり前になりつつあることから、CPUにはパワーのあるCore i7の上位モデルが適していると言われています。
4K動画を扱わないにしても、マルチスレッドのCore i7であることが重要です。

しかし10万円以下となると、Core i7搭載モデルを見つけるのが難しくなってきます。
その場合は下位モデルのCore i5に妥協したくなるところですが、低スペックのモデルだと満足いく動作環境を得られない可能性が高いと言えます。

パソコンショップのBTOパソコンでは最新のCore i7ではなく、1世代前のCore i7を搭載したパソコンも販売しています。
古いCPUを搭載したPCは価格も安く、意外とお買い得です。

古いCPUだと不安を感じるかもしれませんが、1世代前のCPUなら現役で使えます。
10万円以内となると何かと妥協が必要になりますが、CPUだけはなるべく良いものを選びましょう。

10万円以内のノートPCでSSDは搭載できる?

また、重たいデータを頻繁に処理するという点から、できるならストレージには高速処理のパフォーマンスに優れたSSDを搭載したものを選ぶことがオススメとなっています。
SSDの値段は一時と比べるとかなり下がりましたが、HDDと比較すると高いです。

10万円以内となるとSSDの搭載はかなり厳しくなりますが、探せば見つかりますよ。

液晶ディスプレイは15インチ一択

そしてノートパソコンの画面は一般的なサイズは15.6インチです。
10万円以内となると4Kディスプレイはまだまだ見当たりませんが、フルHDでも十分キレイです。

中でもノングレア(非光沢)タイプを選ぶと、照明の反射を防いで目の負担を軽減します。

参考:ノングレア液晶と光沢液晶の違いとは?それぞれのメリットとデメリットを徹底解説!|ドスパラ

ノート型である以上は、デスクトップのような大画面を望むことはできないのがネックですが、持ち運びにも適したサイズだと考えれば妥当なのかもしれませんね。
もし画面サイズに不満が生じた場合は、マルチモニタとして外部ディスプレイとつなげるという方法もあるでしょう。

動画編集用のパソコンと言えば1台購入するのに50万円近くかかった時代もありますが、10万円以下でもかなり高性能なモデルを買えるようになっています。

大手メーカーのパソコンでは、高性能なモデルの低価格化は難しいともいえますが、その一方でBTOショップならクリエイター向けのパソコンが手に入りやすいのでオススメですよ。

各パソコンショップの10万円以内の動画編集用パソコン

クリエイター用PC(動画編集用のパソコン)で10万円以下は数が少ないですが、年末年始や新社会人向けのセール時期の3月にかけて1世代前のCPUを搭載した低価格PCが揃います。

10万円以内でコストパフォーマンスが高いノートPCを購入するならその時期を逃さずに購入すると良いでしょう。

マウスコンピューターの10万円以内で購入できるオススメPC

m-Book F576SD-M2SH2

4コア8スレッドの最新第8世代CPU インテル® Core™ i7-8550U プロセッサー採用!デュアルストレージパソコン

CPU:インテル® Core™ i7-8550U プロセッサー(4コア/1.80GHz/TB時最大4.00GHz/8MB スマートキャッシュ/HT対応)
グラフィックス:インテル® UHD グラフィックス 620
ストレージ:256GB Serial ATAIII M.2規格

マウス 公式ページ
icon

パソコン工房の10万円以内で購入できるおススメPC

STYLE-17FH053-i7-HNFS

第7世代Core i7搭載17型フルHDスタンダードノートパソコン [SSD搭載]

CPU:インテル Core i7-7700HQ
グラフィックス:HD Graphics 630(内蔵GPU)
ストレージ:240GB Serial-ATA SSD

パソコン工房 公式ページ
icon

ドスパラの10万円以内で購入できるおススメPC

Critea VF-HEKS 限定モデル

ドスパラの第8世代CPUとGeForce MX150を搭載したモデル

CPU:インテル Core i7-8550U (クアッドコア/HT対応/定格1.80GHz/TB時最大4.00GHz/L3キャッシュ8MB)
グラフィックカード:GeForce MX150 + インテル UHD グラフィックス620(Optimus™ 対応)
ストレージ:1TB HDD(5400rpm)

ドスパラ 公式ページ

映像でブランディングするプロの全手法を公開

プロモーションビデオを作れるようになりたいけど、構成やディレクションの方法がよく分からないと悩んでいませんか?
ムービーアカデミーでは
あなたの動画の格をあげ、単価をあげる2つのポイント
1台のカメラで擬似3カメ編集 対談動画のポイント
ドキュメンタリームービーの構成テンプレート
など、実績を上げているプロの映像クリエイターから今すぐに活用できる具体的なテクニックを詳細に解説してもらえます。
ぜひ貴社の動画マーケティングにご活用ください。

詳しく見る

ブログ管理人プロフィール

HN:おーとふぉーかす
Works:ビデオグラファー・映像制作・メディア運営
YouTube歴:7年 持ってるアカウントは4つ。そのうち一つが登録者数1万ちょっと。

このブログは動画クリエイターを支援するためのサイトです。カメラや映像機材の紹介を中心に記事を書かせてもらってます。

カメラ本体・カメラ関連アイテムのレビュー依頼も受付いたします。こちらからお問い合わせください。



また、プロの映像クリエイターから映像制作を学べるオンラインスクールを開催していますのでぜひご参加ください。

最近の記事

ページ上部へ戻る