「フォーサーズ」や「マイクロフォーサーズ」とはどんな意味ですか?

「フォーサーズ」や「マイクロフォーサーズ」とはどんな意味ですか?

2008年にオリンパスとコダックが提唱したデジタル一眼の新しいサイズ規格です。
現在ではオリンパスとパナソニック、ライカがデジタル一眼として、シグマが交換レンズを商品化しています。

撮像素子のサイズが4/3インチであることからフォーサーズと呼ばれます。
ただ4/3インチといっても撮像素子の実画面のサイズは13.0X17.3ミリで、アスペクト比は3:4。
なお、ライブビューの撮影では、この4:3の画面の中に、3:2、16:9、正方形など、いろいろなアスペクト比で撮影することも可能です。

撮影画面の対角線の長さは21.6ミリとなり、これが35ミリ判の対角線の43ミリのちょうど半分。
装着レンズを35ミリ判に換算するときは、アスペクト比が異なるので正確な換算にはなりませんが、2倍にします。

フォーサーズの撮影サイズのまま、ミラーをなくしてフランジバックを短くし、ライブビュー専用の小型のボディにしたのがマイクロフォーサーズです。
レンズ交換式のデジタル一眼としては、もっともコンパクトなイメージセンサーになります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

プロモーション動画のテンプレートを公開します

No.1 マーケッター 神田昌典先生が絶賛した驚きの動画メソッド

最高峰のドキュメンタリー動画の作り方を丸ごと1本の教材におさめました。
素人でもプロ顔負けのCM・ドキュメンタリー動画を作る「型」を教えます。

詳しく見る

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る