α7Ⅱ用のバッテリーグリップは高すぎませんか?

α7Ⅱ バッテリーグリップ

写真撮影に熱中するほど大型のレンズを装着した一眼レフカメラを手に入れたくなる。

最近流行のカメラと言えばミラーレス一眼カメラだ。ミラーレス一眼カメラは軽量で携帯しやすく、女の人でも使いやすくなっている。
しかし、長い望遠レンズを付けると、レンズ側に重心がかかり過ぎて撮影がやりにくい。

そこで効果的なものがバッテリーグリップだ。
バッテリーグリップは装着することで、カメラ本体側の重量が増して前後のバランス状態が改善される。

バッテリーグリップを装着することでカメラは一回り大きくなって握りやすくなる。

カメラが大型になることの長所がもうひとつある。
それは見栄えがプロのフォトグラファーっぽくなることだ。
プロの写真家はほとんどみんな大き目のカメラを持っている。

たとえアマチュアカメラマンで腕は大したことがなかったとしてもなんとなくプロのカメラマンのように見てもらえるのだ。

ソニー SONY ミラーレス一眼 α7 II ズームレンズキット FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS

α7Ⅱ用縦位置グリップ 「VG-C2EM」

SONY α7Ⅱは小型軽量な一眼カメラだ。
高解像度と5軸手ぶれ補正や素早くピントが合うファストハイブリッドAF機能を搭載し、そのスペックはプロのカメラマンの間でも話題になっている。

このα7Ⅱにバッテリーグリップを装着すれば、性能はもちろんのこと、見た目のプロっぽさ、カッコよさは十分になる。
α7Ⅱ純正バッテリーグリップはVG-C2EMだ。

裏側のボタン操作も通常撮影と同じような感じで操作ができる。

もしα7Ⅱに軽さを重視するなら、バッテリーグリップは要らないだろう。

一方、縦の撮影をすることが多いのであれば、バッテリーグリップ VG-C2EM は頼もしい存在になる。

SONY 縦位置グリップ VG-C2EM

見た目がかっこよくなるSONY α7Ⅱ用縦位置グリップ

バッテリーが二個搭載出来て撮影時間が延長する

グリップ感が増して手ブレを防げる

バッテリーグリップが少々高いと悩むなら

私もバッテリーグリップは欲しいと思いつつ2~3年ほど買うのをためらっていたのだ。
メーカー純正だと3万円程するのが当たり前にする。少々お高い。

しかしこの度ついにバッテリーグリップを購入した。
その理由はMeikeのバッテリーグリップを見つけたからだ。

純正バッテリーグリップの1/3ぐらいの値段で買える。
安いので少々不安だったが、使用頻度もそんなに多くないのなら高い純正品を買わなくても良いだろうと思ったからだ。

バッテリーグリップはカメラが持ちやすくなるし縦撮影が実に楽にやりやすい。
バッテリー挿入口が完全コピーでないらしく、少々入れるのが堅いがそれ以外は全く問題なく使えている。

もし私と同じようなアマチュアのカメラマンであればぜひMeikeのバッテリーグリップをお薦めする。

Meike MK-A7Ⅱ 垂直バッテリーグリップ バッテリーホルダー

価格が安い互換バッテリーグリップ

純正バッテリーが使える

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

プロモーション動画のテンプレートを公開します

No.1 マーケッター 神田昌典先生が絶賛した驚きの動画メソッド

最高峰のドキュメンタリー動画の作り方を丸ごと1本の教材におさめました。
素人でもプロ顔負けのCM・ドキュメンタリー動画を作る「型」を教えます。

詳しく見る

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る