お勧めのカメラのレンズ専用ブラシ

レンズブラシ

大切な一眼レフカメラを長持ちさせるために必要なレンズブラシ

一眼レフカメラは毎日のお手入れ次第で長く愛用出来るアイテムです。
特に精密機械である一眼レフカメラの交換レンズはほこりなどに気を付ける必要があります。

レンズ表面についたゴミは、ブロアーと呼ばれる空気でゴミを吹き飛ばす道具を使用しますが、それだけではゴミが残ってしまう場合があります。
その際に、ペーパーやレンズクロスなどで拭き取ろうとするとレンズに傷がついてしまいます。

その際に役に立つのがレンズブラシです。

レンズブラシは1本当たり400円から1000円と大変お手頃な価格となっています。
その程度の出費を行うことで大切な一眼レフカメラをとても長く使用することが出来るのです。

レンズブラシの正しい使い方と注意点

レンズブラシの使い方はとても簡単です。
一眼レフカメラのボディの細かな部品の周りをレンズブラシで丁寧に払うだけです。

この作業を行うだけで一眼レフカメラの大敵であるほこりや砂を簡単に除去することが出来るのです。

71uripzcsul._sl1000_

レンズブラシが汚れていると、逆にレンズの表面を汚してしまうことになるので、使用する前にレンズブラシに汚れがないか確認する必要があります。
汚れの付着を防ぐために、普段は毛の部分が収納されるタイプのレンズブラシを使用すると良いでしょう。

また、レンズブラシの中には静電気防止機能を持ったものもあり、それであればゴミが静電気でまた付着することも防げるので、効率よくレンズの汚れを払うことができます。

レンズブラシは、カメラ愛好者の必須アイテムと言えるでしょう。

カメラ用ブラシはエツミのレンズブラシがオススメです。

カメラ用ブラシはエツミのレンズブラシがオススメです。
ブラシは、定評のある山羊の毛製で信頼性があります。
ミニサイズで、持ち運び性が申し分なく、リップ式になっていて回すと、サっとブラシの穂先が格納できます。
キャップを使って、ブラシがゴミや穂先の乱れから防護されるので、性能面かつ実用性が申し分ないアイテムです。
サイズも手ごろで携行しやすいです。毛の部分は柄を回転させると現れてくるので劣化しにくい思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

プロモーション動画のテンプレートを公開します

No.1 マーケッター 神田昌典先生が絶賛した驚きの動画メソッド

最高峰のドキュメンタリー動画の作り方を丸ごと1本の教材におさめました。
素人でもプロ顔負けのCM・ドキュメンタリー動画を作る「型」を教えます。

詳しく見る

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る