ソニーの交換レンズの表記 SSMとSAMって何ですか?

ソニーの交換レンズの表記 SSMとSAMって何ですか?

過去のエントリー「Canon レンズのUSMってどんな意味があるのですか?」ではUSM がオートフォーカスの機構であることを解説しましたが、SONYのSSM、SAMもオートフォーカスの駆動モーターを指し示します。

SONYのAF駆動モーターは二種類あります。SSMとSAMです。
ではソニーのSSMとSAMはどのように違うのでしょうか?

ソニーαシリーズのオートフォーカスは、元来はボディ側のAF駆動モーターを使用しておりました。
しかしAF駆動において有利な超音波モーターを使うレンズもαシリーズの交換レンズの中でも増えてきました。

この超音波モーターを使うレンズがSSM(Super Sonic Wave Motor)です。
SSMレンズは、静かで速いAF駆動と非常になめらかなマニュアルフォーカス時の操作性、そしてAF時でも常にマニュアルフォーカスできるとことが特徴です。

SSMレンズ例

DT 16-50mm F2.8 SSM

一方、超音波モーターよりも安価な通常のDCモーターによるAF駆動をSAM(Smooth Autofocus Motor)と呼びます。

いずれもレンズ内モーターなので、AF/MFの切り替えスイッチがレンズの鏡胴にあります。

これに対してボディ駆動のAF/MFの切り替えはα700やα900のように、カメラを構えた親指の操作で即座にできるのがメリットです。

SSMとSAMのAF駆動モーター内蔵レンズを利用すればボディ内AF駆動モーターは不要になることから、これらのレンズは今後ソニーからボディ内にAF駆動モーターを持たないデジタル一眼が登場したとしてもAF撮影に対応できることになります。

驚異の無音AF デジイチ動画これ最強!SONY Vario Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS

SONY Vario Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

プロモーション動画のテンプレートを公開します

No.1 マーケッター 神田昌典先生が絶賛した驚きの動画メソッド

最高峰のドキュメンタリー動画の作り方を丸ごと1本の教材におさめました。
素人でもプロ顔負けのCM・ドキュメンタリー動画を作る「型」を教えます。

詳しく見る

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る