レンズはファームウェアのアップデートができるというのは本当ですか?

オリンパスレンズはファームウェアのアップデートができるというのは本当ですか?

どこのメーカーのレンズであってもファームウェアのアップデートは可能です。

ファームウェアはその製品(この場合はレンズ)の制御用のソフトウェアを指します。
つまりほとんどの場合は随時書き換えが可能です。

ただ、更新用のファームウェアが公開されないため、実質的にアップデートできないというだけなのです。

例外がフォーサーズ用またはマイクロフォーサーズ用交換レンズです。
オリンパスだけでなく、パナソニックとシグマのレンズも可能です。

これらのメーカーの商品(レンズ)はユーザーが自分でファームウェアを入手してアップデートすることが可能となっています。

SIGMA USB DOCK キヤノン用

ファームウェアアップデートはカメラボディを介して行いますが、「アップデート共同サービス」のおかげで、メーカーが異なるレンズについても対応しています。

オリンパスのボディにパナソニックのレンズを使っている人もアップデートが可能です。

オリンパス・Panasonicのデジカメ・レンズファームウェアアップデート メーカーサイト

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

プロモーション動画のテンプレートを公開します

No.1 マーケッター 神田昌典先生が絶賛した驚きの動画メソッド

最高峰のドキュメンタリー動画の作り方を丸ごと1本の教材におさめました。
素人でもプロ顔負けのCM・ドキュメンタリー動画を作る「型」を教えます。

詳しく見る

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る